07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

大名窮屈、公家貧乏、坊主うそつき、禰宜さみし 阿耨多羅三藐三菩提の仏達 なさしめ給え金持ちの子に

木内石亭の辞世の狂歌。木内 石亭(きうち/きのうち せきてい、享保9年12月1日(1725年1月14日) - 文化5年3月11日(1808年4月6日))は、江戸時代の奇石収集家、本草学者。幼名は幾六。諱は重暁。近江国志賀郡下坂本村(現滋賀県大津市坂本)に生まれる。捨井家に生まれるが、母の生家である木内家の養子となる。安永4年(1751年)、大坂に赴き津島如蘭(桂庵)から本草学を学んだ。津島塾では木村蒹葭堂と同門。宝暦6年(1756年)には江戸の移り田村元雄(藍水)に入門。平賀源内らと交流した。11歳の頃から珍石奇石に興味を抱き、諸国を精力的に旅して、2000種を超える石を収集した。収集した奇石のなかには鉱物や石製品、石器や化石も含まれており、分類や石鏃の人工説も唱えており、考古学の先駆者とも評される。また、弄石社を結成し、諸国に散らばっている愛好家達の指導的役割を果たした。著作に『雲根志』や『奇石産誌』等があり、シーボルトが著書『日本』を記すにあたっては、石器や曲玉について石亭の研究成果を利用している。守山宿の本像寺に墓がある。

木内石亭は、鉱物の魅力に取り付かれた本草学者です。本草学とは中国で発達した医薬に関する学問ですが、現在の用語では博物学がこれに当たります。本草学は、服用すると不老不死の仙人になれる霊薬(仙丹)を作ることを目的とした、錬丹術の原材料の研究ととも発達しており、草木だけでなく鉱物の研究も行われていました。木内石亭は京坂、江戸その他各地の本草家や物産家と交流し、弄石社を結成して奇石を各地に訪ね歩き、収集採集も盛んに行いました。これら収集歴訪をもとに独自に鉱石類を分類し『雲根志』3編と1320種の蔵石を記録した『蔵石目録』を著しました。石亭が鉱物にかけた異常な情熱は、後の万能博物学者南方熊楠とも繋がっており、石亭のことを「弄石で名高かった木内重暁の『雲根志』を見ると、夢に大津の高観音と思われる辺に来て、一骨董店に葡萄石をつり下げているのを見て、さっそく試しにそこに行ってみたところ、やはりみすぼらしい小店に夢の通りに石をつり下げてあったため、買うことができたなどということがある。これをでたらめとした人は、その人が木内氏ほどそのことに熱心でないか、または脳作用が異なっていることによる、と小生は思う」(『浄愛と不浄愛、粘菌の生態、幻像、その他』より)と書いています。

『雲根志』。1773(安永2)年 - 1801(享和元)年刊、木内石亭著。国立科学博物館の展示。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9a/Unkonshi.jpg
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/934-15fcba30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。