09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

朽ちはてて身は土となり墓なくも 心は国を守らんものを

高山彦九郎の辞世の句。高山 彦九郎(たかやま ひこくろう、延享4年5月8日(1747年6月15日) - 寛政5年6月28日(1793年8月4日))は、江戸時代後期の尊皇思想家である。父は高山良左衛門正教、母はしげ。兄は高山正晴。妻はしも後にさき。子に高山義介ほか娘など。林子平・蒲生君平と共に、「寛政の三奇人」の1人。名は正之。上野国新田郡細谷村(現群馬県太田市)の郷士高山良左衛門正教の二男として生まれ、諱を正之という。先祖は平姓秩父氏族である高山氏出身で、新田十六騎の一人である高山重栄とされている。13歳の時に「太平記」を読んだことをきっかけに勤皇の志を持ち、18歳の時に遺書を残して家を出て、各地を遊歴して勤皇論を説く。前野良沢・大槻玄沢・林子平・藤田幽谷・上杉鷹山・広瀬淡窓・蒲池崑山など多くの人々と交友し、蝦夷地(北海道)へ渡ろうとするが果たせずにいる。京では岩倉具選宅に寄留し、奇瑞の亀を献上したことにより光格天皇にも拝謁した。その感激を詠った次の歌は、愛国百人一首にもとられており、名高い。「我を我としろしめすかやすべらぎの玉のみ声のかかる嬉しさ」尊号一件と呼ばれる事件に遭遇し、公家中山愛親の知遇を得た事が老中の松平定信など幕府の警戒を呼ぶ。1791年(寛政3年)には九州各地を旅した後に薩摩藩を頼ろうとするが退けられ、一時は豊後国日田において捕縛される。その後も幕府の監視を受け、1793年(寛政5年)筑後国久留米の友人森嘉膳宅で自刃する。享年46。多年にわたる日記を残しており、吉田松陰はじめ、幕末の志士と呼ばれる人々に多くの影響を与えた人物である。また、二宮尊徳や楠木正成と並んで戦前の修身教育で取り上げられた人物である。

京都に住んでいる人なら誰でも一度は、京阪三条駅前にある高山彦九郎の像を見たことがあると思います。彦九郎は尊皇思想家であり、「寛政の三奇人」の1人として知られていますが、この「奇人」とは「奇兵隊」などと同じく優れたという意味で変なという意味ではありません。しかし、彼は現在では完全に、変人としてしか認知されていないようです。彦九郎は、吉田松陰ら後の尊皇攘夷論に絶大な影響を与えましたが、生まれてくる時代を間違えたような印象を感じてしまう人です。戦前は教科書等でも彼のことを取り上げられていましたが、戦後になってからは忘れられただけでなく嫌悪の対象にすらなったようで、2012年1月20日、彼の銅像に白いペンキがかけられるという事件が起こりました。彼の墓は自刃の地から約400m離れた、久留米市寺町の光明山遍照院にあります。

三条京阪(京都市)にある皇居を望拝する高山彦九郎の銅像 伊藤五百亀 作
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/3a/Takayama_Hikokuro_Statue.jpg
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/941-cbd2fc85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。