07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

死なん命惜しからぬ身も親と云へば 子の無けくらん事ぞ悲しき

五井蘭洲の辞世の句。五井蘭洲(ごい らんしゅう、元禄10年4月8日(1697年5月27日) - 宝暦12年3月17日(1762年4月11日))は江戸時代中期の儒学者、国学者。名は純禎、字は子祥、通称は藤九郎、号は蘭洲のほか、冽庵、梅塢。本姓は藤原氏。元禄10年(1697年)4月8日、儒学者五井持軒と妻香川氏との三男として大坂に生まれた。家が貧困のため、幼くして摂津国尼崎城下の遠戚に預けられ、藩主青山幸秀の信濃国飯山藩転封に伴い飯山城下に移った。正徳3年(1713年)大坂に帰る。享保9年(1724年)の享保の大火で中風の母と共に焼け出され、平野の旅宿井筒屋佐平方に身を寄せた。困窮の中、享保11年(1726年)中井甃庵に招かれて懐徳堂助教に就任、10月5日に開講した。享保12年(1727年)初夏、三輪執斎を頼って江戸に下り、下谷和泉橋の明倫堂で講義を行った。享保16年(1732年)陸奥国弘前藩と伊予国大洲藩から士官の誘いがあり、翌年3月3日弘前藩御手廻格30人扶持となった。主に江戸屋敷で儒学を教え、国元は藩主津軽信著に従い2度訪れたが、学問の振るわぬ土地柄を厭い、元文5年(1740年)5月11日病を理由に禄を辞した。帰坂後上町に住居を構えて懐徳堂助教に復帰、病中の学主中井甃庵を助け勢力的に講義を行った。寛保3年(1743年)9月に懐徳堂右塾に移住した。宝暦8年(1758年)、第2代学主中井甃庵が死去した際には、年齢や外聞を考慮し役職には就かなかった。宝暦9年(1759年)5月28日、母、姉に続いて中風に罹り、講義を行えなくなった。中井履軒を伴い有馬温泉で湯治を行うも効なく、宝暦12年(1762年)死去。辞世は「死なん命惜しからぬ身も親と云へば子の無けくらん事ぞ悲しき」。代々の墓所天満九品寺は手狭のため、上本町筋八丁目寺町(大阪市天王寺区上本町四丁目)実相寺に葬られた。

五井蘭洲はの学者です。蘭洲は幼少より家学に志しましたが、家が貧しく苦学しつつ家計を助けました。その後、懐徳堂の二代学主である中井甃庵の元で助教となり、声望を集めました。翌年江戸に赴き、4年の後津軽藩に仕えましたが、学問が振るわない土地柄を嫌い元文4(1739)年帰坂し懐徳堂に復帰しました。懐徳堂は三宅石庵が学主であった初期には、朱子学・陽明学などを交えた雑駁な学風で、「鵺学問」とも批判されましたが、元文4年(1739年)に五井蘭洲が復帰してより以降は、正統な朱子学を標榜して荻生徂徠の学派を排撃しました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/945-16ee5d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。