09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

連なしには あらず往生は 花の道

尾崎康工の辞世の句。尾崎康工(おざきやすよし・おざきこうこう、1702年(元禄15年) - 1779年(安永8年))は、明和期(1764年 - 1771年)の代表的俳人。元禄15年(1702年)に越中国砺波郡戸出村古武屋孫右衛門の三男に生まれ、本家から分かれた後に姓を尾崎をした。屋号は沢村屋、通称伊兵衛。はじめ六壁庵と号し、別号を八椿舎、後に康工と改めた。40才を過ぎる頃から松尾芭蕉の遺風を慕って全国を行脚した。近江国の義仲寺に長い間芭蕉の墓守として滞在し句碑を残した。晩年は故郷戸出へ戻り「六壁庵」と呼ばれる庵(現在の太玄寺)を結び、門人の育成に励んだ。

尾崎康工は江戸俳人の例に漏れず、芭蕉を慕って全国行脚しました。彼のような俳人達が日本中を回って、俳風文化を伝えたことは、日本の文化史上見逃すことのできない業績でした。彼の主著である『俳諧百一集』は、100人の俳人の肖像とその俳句を紹介したこの書は、宝暦14年の上梓以降大変な好評を博し、2版3版と重版が行われました。それから80年後の嘉永3年(1850年)には普及版が出版され当時の大ベストセラーとなりました。安永8年3月6日死去。享年79歳でした。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/946-08fc1ed6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。