09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

人心惟危、道心惟微、惟精惟一、誠厥執中。古語云、身をば危すべし、志をば奪べからず。又云、殺べくして、恥しめべからず。又云、内に省てやましからず、是予が志也。食ヲ断テ、卅三日目ニ書之也 罪人重孝

人心これ危し 道心これ微かなり これ精これ一つにしてまことその中をとる 古語にいう身をば危すべし志をば奪うべからず 又云殺すべくして恥かしめるべからず 又云内に省みてやましからず 是予が志なり 食を断ツ丗三日目ニ之ヲ書ナリ

伊東重孝の辞世の句。伊東 重孝(いとう しげたか、寛永10年(1633年)発酉7月 - 寛文8年4月28日(1668年6月7日))は、江戸時代前期の武士。諱は重孝。通称は七十郎(しちじゅうろう)。伊東重村の二男。寛永10年(1633年)、伊達氏家臣・伊東理蔵重村の二男として仙台にて誕生。母は塩森氏。伊東氏は工藤祐経の二男・祐長を祖とする。祐長は勲功により鎌倉幕府から奥州安積45郡(現在の福島県郡山市)を賜わる。代々奥州安積を領し、永享11年(1439年)に伊達持宗の麾下に属した。また、重孝の祖父・伊東重信は、戦国時代に伊達政宗に仕え、天正16年の郡山合戦において政宗の身代わりとなって戦死している武功ある家柄であった。重孝は、儒学を仙台藩の内藤閑斎(以貫)、京都にて陽明学を熊沢蕃山、江戸にて兵学を小櫃与五右衛門と山鹿素行にそれぞれ学ぶ。一方で深草にて日蓮宗の僧・日政(元政上人)に国学を学び、文学にも通じていた。また、武芸にも通じ、生活態度は身辺を飾らず、内に烈々たる気節をたっとぶ直情実践の士であった。熊沢蕃山に学んだ陽明の知行合一の学風をよく受け継いでいたといえる。伊達氏仙台藩の寛文事件(伊達騒動)において、重孝は伊達家の安泰のために対立する一関藩主・伊達宗勝を討つことを伊東采女重門と謀ったが、事前に計画が漏れて捕縛された。重孝は入牢の日より絶食し、処刑の日が近づいたのを知るや「人心惟危、道心惟微、惟精惟一、誠厥執中。古語云、身をば危すべし、志をば奪べからず。又云、殺べくして、恥しめべからず。又云、内に省てやましからず、是予が志也。食ヲ断テ、卅三日目ニ書之也 罪人重孝」と書いて小人組万右衛門に与えた。これを書いた4日後の寛文8年(1668年)4月28日、死罪を申し渡され、誓願寺河原にて処刑された。また一族は、御預け・切腹・流罪・追放となった。重孝の死により、世間は伊達宗勝の権力のあり方に注目し、また江戸においては、文武に優れ気骨ある武士と評判の人物・重孝の処刑がたちまち評判となった。そのため伊達宗勝の権力は陰りを見せいった。そして寛文11年(1671年)2月28日、涌谷領主伊達宗重の上訴により伊達宗勝一派の藩政専断による宿弊、不正、悪政が明るみとなり、宗勝や原田宗輔たち兵部一派が処分され伊達家の安泰に及び、重孝の忠烈が称えられた。延宝元年(1673年)3月18日に、重孝の兄・重頼の子である伊東重良兄弟3人が流罪赦されて、延宝3年(1675年)5月伊達綱村の御世に伊東家は旧禄に復し再興された。遺骸は阿弥陀寺(宮城県仙台市若林区新寺)に葬られたと伝えられ、のちに伊東家の菩提所である栽松院(仙台市若林区連坊)に伊東七十郎重孝の墓として祀られている。法名は鉄叟全機居士。また、当時の人々が重孝の供養のため建立した「縛り地蔵尊」(仙台市青葉区米ヶ袋)は「人間のあらゆる苦しみ悩みを取り除いてくれる」と信仰され、願かけに縄で縛る習わしがあり、現在も毎年7月23、24日に縛り地蔵尊のお祭りが行われている。さらに昭和5年(1930年)、桃生郡北村(宮城県石巻市北村)に、重孝神社が創建されその霊が祀られている。

伊東重孝は、仙台藩3代藩主の伊達綱宗の放蕩三昧に端を発する伊達騒動で処刑された、悲運の武士です。一般的には伊東七十郎の名で知られているかもしれません。綱宗の無法に対して、1660年(万治3年)7月9日に家臣と親族大名(池田光政・立花忠茂・京極高国)の連名で幕府に綱宗の隠居と、嫡子の亀千代(後の伊達綱村)の家督相続を願い出て、7月18日に幕府より綱宗は21歳で強制隠居させられ、4代藩主にわずか2歳の伊達綱村が就任しました。幼君の後見役として一門の大名・伊達宗勝が任命され、その後、仙台藩政の実権は宗勝と、宗勝一派の家老原田宗輔(甲斐)たちが握っていくことになりました。なお、伊達騒動を題材にした読本や芝居に見られる、吉原三浦屋の高尾太夫の身請け話や、つるし斬り事件などは俗説とされています。綱宗隠居から5年後の寛文5年(1665年)、宗勝の甥である登米領主・伊達宗倫(式部。一門第五席・知行20,000石)と宗重との間に領地争いが起こり、寛文9年(1669年)秋、宗勝ら藩首脳は宗重と宗倫の争点となっていた地域の3分の2を登米領として裁断を下し、事態の収拾を図りましたが、宗重はこの裁定を不服として、翌年藩に再吟味を訴えるが宗勝たちはこれを拒否しました。そこで重孝は宗勝の専横を幕府に訴えましたが命を狙われ、寛文8年(1668年)に宗勝暗殺を計画し、処刑されてしまいました。伊達騒動は最終的に、大老酒井忠清邸にて事の詮議が行われている最中に、宗勝派の原田宗輔が突然宗重に斬りつけ殺害し、さらに宗重派の柴田朝意と斬りあって傷を負ったところを酒井家家臣に斬られて死亡するという、血なまぐさい結末をもって終了しました。この事件は、歌舞伎『伽羅先代萩』『伊達競阿国戯場』や、山本周五郎の小説『樅ノ木は残った』などの題材となっています。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/947-ffb94c65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。