09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

覚悟せし命ないとは云ひながら 悪魔舎人にせめて一太刀

吉田長治兵衛の辞世の句。吉田長治兵衛(よしだ ちょうじべえ 生年:生年不詳~没年:元文4.8.23(1739.9.25))は、江戸中期、奥州磐城平藩(福島県)元文一揆の頭取、義民。柴原村(いわき市)の生まれ。元文3(1738)年9月一揆勢約2万人は藩の過酷な収奪に反対し平城下へ押し寄せ、新税撤回などを要求した訴状21カ条を藩に提出した。10月藩は頭取たちの吟味を開始。長治兵衛は入牢となり、翌年8月「百姓一同願ある節万端頭取我ままなる義有之」(『奥州磐城騒動抜書』明大蔵)を理由に、中神谷村武左衛門・藤間村理右衛門らと共に鎌田河原で死罪獄門となった。生地の遍照寺境内に墓、平鎌田の五霊神社境内に義民碑がある。

吉田長治兵衛は、1738年(元文3)磐城平藩内で起こった全藩的な百姓一揆である、磐城平元文一揆の中心人物です。この一揆の発端は藩主に就任した内藤義概が、若い頃から和歌・俳諧に傾倒していたため、藩政を小姓の松賀族之助に委譲してしまったことに始まります。磐城平藩内藤氏は、入封直後から財政難に悩まされていましたが、享保期(1716‐36)に幕府から命ぜられた日光参宮普請手伝、渡良瀬川改修手伝などの臨時支出や、米価低落、諸物価高騰のために極度の財政窮乏に陥っていました。これを打開するために、領内の特産品に対して新税を賦課したために起こったのが、磐城平元文一揆でした。この一揆は、会所の諸帳面の破棄や幕府目安箱への投書、入牢中の指導者を脱獄させるなど、後の戊辰戦争を思わせるほどの激烈な抵抗を引き起こし、処罰的な意味もあって、延享4年(1747年)に、内藤氏は日向延岡に転封となりました。一般的に元文一揆というと、鳥取藩元文一揆を思い浮かべるかもしれませんが、当時はこのような惣百姓一揆が各地で起こっていました。鳥取藩で起こった一揆も磐城平藩のものと酷似しており、初期の代表越訴型一揆から百姓が総動員する惣百姓一揆へと、一揆の形態が18世紀末頃から変化しており、元文時代に起きた一揆はその先駆けでした。上記の辞世の歌は特に解釈する必要はないと思われますが、「せめて一太刀」というのは、やはり元禄15年12月14日(1703年1月30日)深夜に吉良屋敷に討ち入った元禄赤穂事件及び、『仮名手本忠臣蔵』を元にしているのでしょう。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/949-6b249aa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。