FC2ブログ
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

地獄なし極楽もなし我もなし ただ有るものは人と万物

山片蟠桃の辞世の句。山片 蟠桃(やまがた ばんとう、延享5年/寛延元年(1748年) - 文政4年2月28日(1821年3月31日))は、江戸時代中期の商人であり学者。名前は、升屋の番頭をしていたことからもじったもので、本名は長谷川芳秀、通称升屋小右衛門。播磨国印南郡神爪村(現兵庫県高砂市)の農家に生まれる。生家は豊かな在郷商人でもあった。13歳のとき大阪の伯父の養子となる。幼時から大阪の両替商である升屋に仕え、若くして番頭となり手腕を振るい、傾いていた経営を軌道に乗せた。大阪学問所の懐徳堂に入門し、儒学者の中井竹山と弟の中井履軒に学んだ。1771年(明和8年)、24歳の時、番頭となり、商才を発揮して桝屋を繁盛させた。。財政破綻した仙台藩に建議し、差し米(米俵内の米の品質チェックのために米を部分的に抜き取ること)をそのまま集めて利用し、無駄を浮かせて節約し、藩札を発行するなどした。藩札を発行した代わりに、従来の金貨の金を差し米の節約で捻出した資金で大阪に輸送し、それを利殖に回して巨額の利益を上げた。仙台藩の財政はこれによって再建され、彼は大名貸しの金を回収することができたと言う。その功績を讃え、升屋では彼に山片姓を与え、親類並みに遇した。その一方で学問に励み、晩年には失明という障害を乗り越え、五十半ばから著作にとりかかった主著『夢の代』を死の前年に完成させた。

山片蟠桃と富永仲基は江戸時代の日本の学者では、極めて珍しい唯物論者です。彼らは町人であり学者であり、何よりも大阪人でした。この最後の特質については、今一度注目しておきましょう。大阪とは商人のまちであり、江戸(東京)に対抗しうる都市であり、日本でアナキズムが成立する唯一の場所です。彼らはそういった反権威的で合理的な空気を吸って生きていた、稀有な思想的アナキストでした。蟠桃は懐徳堂で勉学に励む一方で、豪商升屋の別家をつぎ、本家の番頭となると、傾いていた本家を再興し、仙台藩の財政再建に手腕を発揮しました。彼の日本人らしからぬ非常に現実的な思想は、このような実践の場で試され培われていきました。学問では天文学を麻田剛立に学び、地動説を確信し、神代史や霊魂を否定するなど実学的合理思想をとなえました。失明にもめげず「夢之代」12巻をあらわしました。この本は天文、地理、神代、歴代、制度、経済、経論、雑書、異端、無鬼(上・下)、雑論の12巻よりなる、実学的合理主義の啓蒙書です。西洋文明の実証性を高く評価し、地球世界の地理を論じ、ついで日本の歴史・制度の変遷を説いています。蟠桃は上記の歌の他に、「神佛化物もなし世の中に 奇妙ふしぎのことは猶なし」という、とても唯物論的な歌も辞世として残しています。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/959-d879afed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。