FC2ブログ
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

われもまた正しきを得てたふれなば 是のみなりと思ふばかりぞ

私もまた正しいを得て倒れたならば これのみですと思うばかりだ

井上通女の辞世の句。井上通女(いのうえ・つうじょ 生年:万治3.6.11(1660.7.18)~没年: 元文3.6.23(1738.8.8))は、江戸前期の歌人。名は振、玉、感通。讃岐国(香川県)丸亀生まれ。父は儒学者井上本固、母は渡辺孫左衛門の娘栄のちに栄林尼。幼少から女訓書、和歌、物語、漢学を学び、16歳で詩文「処女賦」を作る。天和1(1681)年、22歳で丸亀藩主京極高豊の母養性院に召され、江戸に下る。このとき『東海紀行』が成る。江戸では雨森芳洲、林鳳岡ら著名な学者文人と交わり、その才媛ぶりを聞いて彼女を招請しようとする諸侯も少なくなかった。なお江戸滞在中の日記に『江戸日記』がある。元禄2(1689)年、30歳のときに養性院が没し、丸亀に帰る。このとき『帰家日記』が成る。同年、同藩士三田茂左衛門宗寿と結婚する。以後弟益本の切腹で井上家断絶などの事件に遭うが、堅実な主婦生活を続ける。宝永7(1710)年、51歳のとき、夫に先立たれ隠遁、文芸に親しむ晩年を送った。

井上通女は生まれてくる時代が違えば、清少納言や紫式部と並び称されてたような人物です。幼少のころから才女として知られ、16歳で詩文「処女賦」を作り評判となりました。平安の才女が中宮の女房になったように、諸侯は彼女を招聘しようとし、彼女は江戸へ上がりました。彼女は江戸滞在中に『江戸日記』を書きましたが、やはり『紫式部日記』や『更級日記』のようなものが頭にあったのでしょう。彼女の著作には確かに、『女大学』に通じるような部分がありましたが、この時代の女性が書いたものとしては当然のことだと言えるでしょう。それよりは、彼女が堅実な生活を守り、趣味人として生きたことの方に目を向けるべきだと思います。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/960-15226bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。