09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

この世をばぬらりくらりと死ぬるなり 地獄潰しの極楽の助

稲津祇空の辞世の句。稲津祇空(いなづ ぎくう、寛文3年(1663年) - 享保18年4月23日(1733年6月5日) )は江戸時代前期の俳人。屋号は伊丹屋、通称は五郎右衛門、別号に青流(洞)、敬雨、竹尊者、玉笥山人、有無庵、石霜庵など。当初談林派俳壇で活動したが、後に松尾芭蕉、宗祇の隠棲的な俳風を志向し、後世法師風と称されれる一派を築いた。弟に椎本芳室がいる。寛文3年(1663年)大坂に生まれる。当初は青流と号し、弟と共に談林派岡西惟中に師事した。延宝9年(1681年)、讃岐国観音寺興昌寺に山崎宗鑑創建の一夜庵が再建されるに当たり、8月24日に開かれた百韻連衆に加わり、『一夜庵建立縁起』に入句したのが確認できる最初の活動である。元禄7年(1694年)頃堺に移住し、元禄7年(1694年)9月14日畦止亭における句会では松尾芭蕉と接した、この後自身が病床に就く間、芭蕉は翌月世を去り、一度きりの対面となった。元禄8年(1695年)『住吉物語』を撰じた。この頃には師惟中は俳壇から遠ざっており、以降は専ら椎本才麿の撰集に入句する。元禄14年(1701年)、芭蕉の遺風を慕い、紀伊国屋文左衛門を頼って江戸に移住、宝井其角、松木淡々等と交わった。宝永4年(1707年)其角死去に際し、追善句集『類柑子』編纂に参画する。宝永6年(1709年)5月、貴志沾洲、堀内仙鶴等と大和国に遊んだ。正徳元年(1711年)冬、隅田川畔の庵崎と呼ばれた地の内、向島弘福寺門前に有無庵を構えた。庵号は在原業平『土佐日記』において隅田川で詠まれた句で、言問橋の由来ともなった「名にし負はゞいざ言問はむ都鳥我が思ふ人はありやなしやと」に由来する。正徳4年(1714年)、大坂へ帰郷する途中、箱根早雲寺宗祇墓前で柏州和尚の下剃髪し、宗祇から一字を取って祇空と号した。この記念に『みかへり松』を撰じる。正徳5年(1715年)江戸に帰るも、享保元年(1716年)4月3日江戸を出発し、途中烏山城下の常盤潭北と合流し、芭蕉の足跡を偲び東北地方を巡った。9月13日江戸に帰り、浅草橋場に住んだ。翌年この旅を基に『烏糸欄』を刊行した。享保4年(1719年)京都紫野大徳寺養育院裏清心庵の一角に菩提庵を構えた。『雨の集』を撰じ、夢で驚雷の二字を感得したことから敬雨と号した。享保9年(1724年)甲斐国に鈴木調唯を訪れた。後に飛鳥井町(上京区)に移った。享保16年(1731年)夏、早雲寺に石霜庵を構え、また玉笱山人と号した。蕉風復古を目指す五色墨、四時観等の会に賛同し、これらの活動に関わった。享保18年4月23日(1733年6月5日)死去。辞世は「この世をばぬらりくらりと死ぬるなり地獄潰しの極楽の助」。遺体は早雲寺に葬られた。享保20年(1735年)富岡八幡宮に祇敬霊神として祇空を祀る祠が建てられ、現在は碑のみ残る。死後、享保16年(1731年)弟芳室による『石霜庵追善集』、慶紀逸の『六物集』、元文4年(1739年)千鹿『卯花月』、寛延元年(1748年)仲上法策『敬雨十三回忌集』等の追善句集が出され、文政3年(1820年)には青流洞四世を名乗る稲津祇杖が『祇空九十回忌集』を刊行している。

稲津祇空の句は談林派から始まって、しだいに古風を慕う作風へと変化していきました。松木淡々の手引きで東下して榎本其角門に入り、其角他界の折にはその追善集『類柑子』の編集にかかわるなど、蕉風俳諧の中心人物の一人として活躍しました。芭蕉の影響もあってか、宗祇に傾倒し自身の号も祇空としました。祇空は文化人としてだけでなく、人間としても優れた人物であったようで、隠者然とした高潔な人柄を慕う者も多く、その俳風は「法師風」と称されました。その祇空が辞世に上記のような狂歌を詠んだのだから、人間というものは面白いものです。晩年は尊敬する宗祇の墓のある早雲寺を再び訪れ、境内に石霜庵なる草庵を結んで、宗祇の墓守として余生を送りました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/966-3703432d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。