07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

秋はただ馴れし世にさへ物憂きに 長き門出の心とどむなり

由井正雪の辞世の句。由井正雪(ゆい しょうせつ/まさゆき、慶長10年(1605年) - 慶安4年7月26日(1651年9月10日))は、江戸時代前期の日本の軍学者。慶安の変の首謀者である。名字は油井、遊井、湯井、由比、油比と表記される場合もある。慶長10年(1605年)、駿河国由比(現在の静岡県静岡市清水区由比)において紺屋の子として生まれた。なお、『姓氏』(丹羽基二著、樋口清之監修)には、坂東平氏三浦氏の庶家とある。出身地については駿府宮ケ崎町との説もある。17歳で江戸の親類のもとに奉公へ出た。楠木正成の子孫を称する楠木正虎の子である軍学者の楠木正辰(楠木不伝)の弟子となり、才をみこまれてその娘と結婚し婿養子となった。「楠木正雪」あるいは楠木氏の本姓の伊予橘氏(越智姓)から「由井民部之助橘正雪」(ゆいかきべのすけたちばなのしょうせつ/まさゆき)と名のり、神田連雀町の長屋において楠木正辰の南木流を継承した軍学塾「張孔堂」を開いた。塾名は、中国の名軍師である張良と諸葛亮孔明に由来している。道場は評判となり一時は3000人もの門下生を抱え、その中には諸大名の家臣や旗本も多く含まれていた。慶安4年(1651年)、江戸幕府第3代将軍徳川家光の死の直後に、幕府政策への批判と浪人の救済を掲げ、宝蔵院流の槍術家丸橋忠弥、金井半兵衛、熊谷直義など浪人を集めて幕府転覆を計画した。決起の寸前になり計画の存在を密告され、正雪は駿府の宿において町奉行の捕り方に囲まれ自刃した。首塚は静岡市葵区沓谷の菩提樹院に存在する。大名取り潰しによる浪人の増加が社会不安に結びついていることが事件の背景にあるとして、4代将軍徳川家綱以降の政治が武断政策から文治政策へ転換するきっかけの一つとなった。

由井正雪は優秀な軍学者であり、各地の大名家はもとより将軍家からも仕官の誘いが来ていましたが、彼は仕官には応じずに、軍学塾・張孔堂を開いて多数の塾生を集めていました。当時、3代将軍徳川家光の下で厳しい武断政治が行なわれていましたが、関ヶ原の戦いや大坂の陣以来、多数の大名が減封・改易されたことにより、浪人の数が激増しており、大きな社会不安の原因となっていました。正雪はそうした浪人の支持を集め、特に幕府への仕官を断ったことで彼らの共感を呼び、張孔堂には御政道を批判する多くの浪人が集まるようになっていました。そのような情勢下の慶安4年(1651年)4月、徳川家光が48歳で病死し、後を11歳の息子徳川家綱が継ぐこととなると、次の将軍が幼君であることを知った正雪は、これを契機として幕府転覆、浪人救済を掲げて行動を開始しました。計画では、まず丸橋忠弥が江戸を焼討し、その混乱で江戸城から出て来た老中以下の幕閣や旗本を討ち取り、同時に京都で由比正雪が、大坂で金井半兵衛が決起し、その混乱に乗じて天皇を擁して高野山か吉野に逃れ、そこで徳川将軍を討ち取るための勅命を得て、幕府に与する者を朝敵とする、という作戦でした。しかし、一味に加わっていた奥村八左衛門の密告により、計画は事前に露見し、慶安4年(1651年)7月23日にまず丸橋忠弥が江戸で捕縛されました。その前日である7月22日に既に正雪は江戸を出発しており、計画が露見していることを知らないまま、7月25日駿府に到着し、駿府梅屋町の町年寄梅屋太郎右衛門方に宿泊しましたが、翌26日の早朝、駿府町奉行所の捕り方に宿を囲まれ、自決を余儀なくされました。その後、7月30日には正雪の死を知った金井半兵衛が大阪で自害し、8月10日に丸橋忠弥が磔刑となり、慶安の変は頓挫しました。江戸幕府では、この事件とその1年後に発生した承応の変(浪人・別木庄左衛門による老中襲撃計画)を契機に、浪人対策に力を入れるようになり、改易を少しでも減らすために末期養子の禁を緩和し、各藩には浪人の採用を奨励しました。これにより、幕府の政治はそれまでの武断政治から、法律や学問によって世を治める文治政治へと移行していくことになり、皮肉にも正雪らの掲げた理念に沿った世になっていきました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/978-24274b33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。