07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

風のある 内ばかりなり 奴凧

山田朝右衛門吉利(7代目)の辞世の句。山田 朝右衛門 吉利(やまだ あさえもん よしとし、文化10年(1813年) - 明治17年(1884年)12月29日)は、7代山田朝右衛門として江戸時代に公儀御様御用(こうぎおためしごよう)という刀剣の試し斬り役を務めていた人物である。「吉利」は勝興寺の墓誌には「吉年」とある。旧名は後藤五三郎、山田家に養子入りして改名した。雅号を和水と称した。吉利は備中新見藩の藩士後藤五左衛門の次男であった。山田朝右衛門の襲名は先代の出家が1847年であることからそれ以前であろうと推定されている。吉利は据物斬り以外にも刀剣鑑定に優れ、公儀御用のほかに御三家御用、さらには公儀腰物拝見役を拝命した。歴代の山田朝右衛門は刀の試し斬りを行った事から刀剣鑑定も行っていたのだが、これは異例の抜擢であった 。吉利は家譜(「源姓山田家系譜」という)に「先祖に先例なき特典なり」と割り注を入れている。また、吉利はこれに伴う扶持米を「先祖より浪人の分にて」として辞退している。1868年5月27日、吉利は市政裁判所から「市政裁判所附」を命じられ、翌1869年には山田家伝来の名刀「備前長船景光」(通称:小竜景光) を宮内省に献上した。宮内省は奇特な行為として500円を下賜したが、これを明治天皇による買い上げと見る説もある。1869年、吉利は家を長男の浅雄(山田浅右衛門吉豊)に譲り、隠居して麹町平河町(現、千代田区)二丁目の本宅から同八丁目清水谷上の隠宅へ移った。歴代の山田朝右衛門家は、死刑執行人としての家業を子に継がせる事を嫌悪し、弟子の中から養子をとっていたのだが、実子に家を継がせたのは唯一の例である。1870年4月15日、政府は山田家家伝の製薬の「山田丸」(浅右衛門丸・人丹などとも称する)など、人間の肝臓や脳味噌などを材料とした薬の販売を禁止した。1872年の壬申戸籍編成に際して吉利は隠居のままに一家を新たに興し、販売禁止の製薬「山田丸」のみを吉利の家へと分け、山田家本家から「山田丸」を分離させた。なお、麹町区の「除籍簿」(58号)には「平民」とある。吉利の墓は勝興寺(新宿区須賀町8番地)と正源寺(港区白金2丁目7番19号)とにある。これは吉利が養子であり、遺言で葬式は勝興寺、屍は正源寺としたためである。正源寺は実家の後藤家の菩提寺であった。勝興寺の墓誌には「明治十七年十二月二十九日、天寿院慶心和水居士、第七世山田朝右衛門吉年、行年七十有二歳」とある。

山田朝右衛門吉利は日本の歴史上、最も数多く重要な人物の首を斬った人の一人です。彼が斬った人物に、橋本左内、頼三樹三郎、吉田松陰らの名が挙げられます。いずれも明治維新の志士たちに多大な影響を与えた人物であり、吉利は当時の幕府の思想弾圧の証人でもありました。吉利は刀の鑑定家としても優れていたようで、浪人身分であったにもかかわらず、儀腰物拝見役を拝命しました。吉利はよほど刀が好きだったようで、亡くなる数分前まで刀を眺め続けていたという逸話も残しています。

山田朝右衛門吉利の墓
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/005/006/00/N000/000/002/133804038830713208194.jpg
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/990-c7f36b8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。