07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Are the doctors here? Doctor...my lungs.

ここに医者はいますか? お医者様……私の肺が。

ベンジャミン・ハリソンの最期の言葉。ベンジャミン・ハリソン(Benjamin Harrison, 1833年8月20日 - 1901年3月13日)は、第23代アメリカ合衆国大統領。祖父は第9代大統領ウィリアム・H・ハリソン。ハリソンはオハイオ州ノースベンドに生まれ、21歳のときにインディアナ州インディアナポリスに移り住み、そこで政治家として成功した。南北戦争の間、彼は准将としてカンバーランド陸軍の第20軍に所属した。戦後彼はインディアナ州知事選に出馬したが落選した。その後同州から上院議員に選出された。1888年、ハリソンは共和党大統領候補に選出され、民主党の現職グロバー・クリーブランドを破って大統領に当選した。その任期はマッキンリー関税とシャーマン法を含む経済政策および、初めて10億ドルに達した連邦政府の年間支出で特徴付けられる。民主党は「1000000000ドルの議会」を攻撃し、その材料に不評を囲った高率関税に伴う問題を使用した。そして1890年の中間選挙および1892年の大統領選両方で共和党は敗北する。彼はまた、6つの州が合衆国に再加入したときの大統領であった。1892年の大統領選ではクリーブランドに敗れ、再選に失敗したハリソンはインディアナポリスでの私生活に戻った。彼は後にベネズエラ共和国とイギリスの国際裁判でベネズエラの弁護を担当した。1900年に彼は裁判に関連してヨーロッパを訪問し、短期間の滞在の後にインディアナポリスに戻り、翌年インフルエンザからの合併症で死去した。彼はインディアナ州から選出された唯一の大統領であり、祖父も大統領であった唯一の大統領である。ハリソンの一族は最初にバージニアに移住した中にあった。新世界でのその起源は、1630年にジェームズタウンに到着したイギリス人、ベンジャミン・ハリソンまで遡る。後に大統領となるベンジャミンは、1833年8月20日にオハイオ州ハミルトン郡、ノースベンドでジョン・スコット・ハリソン(後にオハイオ州から連邦下院議員に選出)とエリザベス・ラムゼイ・アーウィンの8人の子供の2番目として生まれる。ベンジャミンはウィリアム・ヘンリー・ハリソン大統領の孫であり、独立戦争の指導者でありバージニア州知事であったベンジャミン・ハリソン5世の曾孫であった。祖父が大統領に選出されたとき、ハリソンは7歳であったが、彼は就任式には出席しなかった。ハリソンの一家は歴史を持つ名家であったが、彼は裕福な環境で成長することはなかった。ジョン・スコット・ハリソンの農業所得の大半は子供の教育に費やされた。わずかな収入にもかかわらず、ハリソンの少年時代は野外での釣りや狩猟で費やされ、彼はそれを楽しんだ。ベンジャミン・ハリソンが受けた幼年期の公教育は、家の近くにある教室が一つだけの学校で行われたが、彼は後に大学進学のため家庭教師から教育を受けた。ハリソンと兄弟のアーウィンは1847年にシンシナティ近くのファーマーズ・カレッジに入学した。ハリソンは同校に2年間通学した。1850年に彼はオハイオ州オックスフォードのマイアミ大学に転学し、ここでファイ・デルタ・シータのメンバーとなり、1852年に卒業した。マイアミでの同窓生にはジョン・アレクサンダー・アンダーソンとホワイトロー・リードがいた。後にアンダーソンは連邦下院議員を6期務め、リードはハリソンの副大統領候補となった。マイアミで学ぶ間、ハリソンは歴史と政治経済学の教授であるロバート・ハミルトン・ビショップに大きく影響を受けた。マイアミで彼は長老派教会に加わり、自らの母のように死ぬまでそのメンバーであった。大学を卒業すると彼はシンシナティのストーラー・アンド・グウィン法律事務所で法律を学んだが、それを終える前に結婚のためオックスフォードに戻った。ファーマーズ・カレッジ在学中にハリソンはキャロライン・ラヴィニア・スコットに出会った。彼女は学長であり長老派牧師のジョン・ウィザースプーン・スコットの娘であった。1853年10月20日に彼らはキャロラインの父親の教会で結婚した。夫妻の間には2人の子供、ラッセル・ベンジャミン・ハリソン(1854年8月12日 - 1936年12月13日)およびメアリー・「マミー」スコット・ハリソン・マッキー(1858年4月3日 - 1930年10月28日)がいた。1853年の結婚の後、ハリソンは父親の農場に戻りそこで法律の学習を終えた。同年、叔母の死によって800ドルを引き継ぎ、それを元に翌54年インディアナポリスに転居した。彼はインディアナポリスで法曹界入りし、ジョン・H・レイのオフィスで弁護士を開業した。同年インディアナポリスの連邦裁判所の廷吏となり、1日あたり2.50ドルを稼ぐようになった。彼は判決の発表に責任を負うこととなった。インディアナポリスでハリソンはユニバーシティ・クラブ(私的な紳士クラブ)の初代会長となり、またインディアナポリスのファイ・デルタ・シータ卒業生クラブの初代会長となった。ハリソンはホイッグ党員の家庭で成長し、若年期には自らがホイッグ党の支持者であった。彼は共和党に結成後間もない1856年に参加し、同年大統領候補のジョン・C・フレモントの支援活動を行った。彼は同じ選挙でインディアナポリス市の代理人に当選し、400ドルの年俸を得ることとなった。1858年、ハリソンはウィリアム・ウォレスと共に法律事務所、ウォレス・アンド・ハリソンを開業した。ハリソンは1860年、インディアナ州最高裁判所の報告官に共和党候補として立候補した。これが彼の最初の政治への進出であった。この職は政治的なものではなかったが、彼は党の綱領の活発な支持者であった。選挙戦で彼は共和党を代表して、民主党知事候補で後の副大統領のトーマス・A・ヘンドリックスと討論した。事務所の共同経営者のウォレスが1860年に郡書記に選出されると、ハリソンはウィリアム・フィッシュバックと共にフィッシュバック・アンド・ハリソンを開業し、事務所は彼が陸軍に入隊するまで続けられた。ハリソンは南北戦争中に准将として北軍に勤務し、1865年に除隊した。1864年10月に州最高裁判所の速記係に再選され、4年間務めた。彼は1876年にインディアナ州知事選に共和党候補として出馬したが、落選した。彼は1879年にミシシッピ川委員会のメンバーに任命され、1881年3月4日から1887年3月3日まで同職を務めた後、共和党の上院議員として選出された。彼は沿岸地方への輸送路委員会委員長(第47議会)および準州委員会委員長(第48議会、第49議会)だった。ハリソンは1888年に大統領に選出された。大統領選挙の一般投票では、ハリソンが約9万票クリーブランドより少ない得票だったが、選挙人選挙では233票対168票で勝利した。ハリソンの政権で成立した法律で特筆すべきが「マッキンリー関税法」と「シャーマン購銀法」である。マッキンリー関税法により輸入品に対する関税は50パーセント以上に引き上げられ、国内市場は国産製品の土壇場になり逆に外国製品の価格は高騰した。シャーマン購銀法は、政府の毎月450万オンスの銀購入が義務化された。また、「シャーマン反トラスト法」を成立させ、一部企業による独占資本に制限を加えようとしたが、大資本に牛耳られた連邦議会により骨抜きにされた抜け穴だらけの所謂ザル法として成立した。1892年にも再選を目指したが、このときはクリーブランドに敗れた。公職を退いた後、ハリソンはインディアナに戻った。1895年7月から1901年3月までハリソンはパデュー大学の評議員を務めた。大学の寮、ハリソン・ホールは彼に因んで命名された。1896年に彼は前妻の姪で25歳年下のメアリー・スコット・ディミックと再婚した。ハリソンの成人した子供、当時41歳のラッセルと38歳のメアリーは結婚に反対し、結婚式に出席しなかった。ハリソンとメアリーは娘のエリザベス(1897年2月21日 - 1955年12月26日)をもうけた。1899年にハリソンはハーグで開催された第一回万国平和会議に参加した。彼は連邦政府と大統領職に関する一連の記事を執筆し、1897年に「This Country of Ours」のタイトルで出版された。1894年の数ヶ月間、彼はカリフォルニア州サンフランシスコを訪問し、スタンフォード大学で法律学の講義を行った。1896年には共和党員の何人かの友人が再び大統領選に出馬するよう彼を説得しようとしたが、彼はそれを断り公然にウィリアム・マッキンリーを支持し、応援演説のために国中を旅行した。1900年、彼はベネズエラとイギリスの間の境界論争で、ベネズエラ共和国の弁護士を務めた。両国はベネズエラと英領ギアナ間の国境に関して争った。国際法廷での裁判が同意され、ベネズエラ政府は代理人としてハリソンに依頼を行った。彼は法廷で論争しながら、800ページの要約を作成し、パリに赴き法廷で25時間以上を過ごした。彼は訴訟に敗北したが、法的に認められた主張によって国際的な名声を得た。厳かな長老政治家として過ごした後、ハリソンは1901年2月に重い風邪を発症した。蒸気吸入による治療にもかかわらず、その容体は悪化し、1901年3月13日水曜日、自宅においてインフルエンザと肺炎のため死去した。67歳であった。ハリソンはインディアナポリスのクラウン・ヒル墓地に埋葬され、2人の妻の間で眠る。

ベンジャミン・ハリソンは祖父も大統領であった唯一の大統領です。彼の祖父であるウィリアム・ハリソンは就任演説の一ヶ月後に風邪を引き、それで肺炎を起こして亡くなった悲運の大統領で、最短任期期間(31日)の記録を打ち立てました。さて、孫のベンジャミンについてですが、長子をベンジャミンと命名するのはハリソン家の伝統でした。ベンジャミン・ハリソンの政策として重要なのは、マッキンリー関税とシャーマン法です。繁栄のための公式として高率輸入関税をかけるマッキンリー関税法と、反トラスト法であるシャーマン法を成立させました。退任後はスタンフォード大学で法律学ながら、厳かな長老政治家として過ごし、祖父と同じく風邪から肺炎を起こして亡くなりました。享年67歳。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

There is but one reliance.

ほんの1つのよりどころがある。

マーティン・ヴァン・ビューレンの最期の言葉。マーティン・ヴァン・ビューレン(Martin Van Buren, 1782年12月5日 - 1862年7月24日)は、アメリカ合衆国の第8代大統領。大統領職の前には第8代副大統領および第10代国務長官を務めた。オールド・キンダーフックの愛称で呼ばれた。最初の独立宣言署名後に生まれた大統領であり、最初の非アングロ・サクソン系の大統領であり、第一言語が英語ではなかった(オランダ語だった)唯一の大統領。民主党の最初の主催者でもあった。ヴァン・ビューレンは再選を逃した3人目の大統領となった。アンドリュー・ジャクソンの国務長官と副大統領を務め、ニューヨーク州におけるジャクソニアン・デモクラシーの組織構造を築き上げたことにおいて重要な人物だった。しかし大統領として彼は経済問題に悩まされ、その任期は1837年の恐慌に翻弄されることになった。さらにアルーストック戦争とキャロライン事件とを通じて、イギリスとその植民地であるカナダとの関係が緊張した。これらが直接彼の執政によるものだった否かは意見が分かれるところだが、いずれにせよヴァン・ビューレンは4年後の1840年の大統領選で敗退することになった。その後1848年の大統領選にも自由土地党の大統領候補として出馬したが、このときは泡沫候補で終わっている。ヴァン・ビューレンは、1782年12月5日にニューヨーク州の州都オールバニの25マイル南に位置するキンダーフックの村で、20人兄弟の3番目として生まれた。彼の5世祖父のコーネリスは1631年にオランダから移住した。マーティンの父親エイブラハム・ヴァン・ビューレン(1737年2月17日 - 1817年4月8日)は、農夫であり評判の居酒屋の主人であった。父親は6名の奴隷を所有し、アメリカ独立戦争を支持、後にはジェファソニアン・リパブリカン党に入党した。母親のマリア・ホーズ(1747年2月27日 - 1817年2月16日)は前夫との間に3人の子どもがいた。ヴァン・ビューレンはキンダーフックの粗末な学校で基本的な教育を受け、その後キンダーフック・アカデミーとワシントン・セミナリーでラテン語を学んだ。彼は作文と話法に優れていた。14歳までに基礎教育を終えると、1796年にキンダーフックの著名な連邦党員の判事であるフランシス・シルベスターのオフィスで法律を学び始める。シルベスターの元で6年を過ごし、見習い期間の最後の一年をウィリアム・ピーター・ヴァン・ネス(1778年 - 1826年)のニューヨークのオフィスで過ごした。1802年に学業を終えると、翌1803年に法曹界入りし、25年にわたって弁護士業を継続した。ヴァン・ビューレンは1807年2月21日にキャッツキルで幼なじみで遠縁のハンナ・ホーズと結婚した。ヴァン・ビューレンと同じく彼女はオランダ系で、その話し方にはオランダ語のアクセントが残っていた。夫妻は5人の息子と1人の娘をもうけた。エイブラハム(1807年 - 1873年)は士官学校を卒業し軍人となった。ジョン(1810年 - 1866年)はイェール大を卒業し、ニューヨーク州検事総長となる。マーティン・ジュニア(1812年 - 1855年)は父親の秘書を務め、結核により早世するまで父親の論文を編集した。ウィンフィールド・スコット(1814年生、同年死去)は生後間もなく死亡し、スミス・トンプソン(1817年 - 1876年)は父親が大統領職にあった間、特別アシスタントを務めた。彼らの娘は死産であった。12年間の結婚生活の後、ハンナ・ヴァン・ビューレンは結核に罹患し1819年2月5日に35歳で死去した。マーティン・ヴァン・ビューレンはその後決して再婚しなかった。ヴァン・ビューレンは弁護士業で財をなし、政界入りの道を開いた。1800年以降のニューヨーク政界では、選挙においてトーマス・ジェファーソンとフェデラリストが没落し、共和党は3つの党派、ジョージ・クリントン、ロバート・リヴィングストン、アーロン・バーそれぞれの支持者に分裂していた。1799年以後、フェデラリストはこれらのグループの1つあるいは2つの連合によって支配されていた。ヴァン・ビューレンはクリントン支持派と連合し、1808年から1813年までコロンビア郡の代理人を務めた。また、ニューヨーク上訴裁判所の修正法廷のメンバーとして1847年まで務めた。役人勤めを経て、1812年にニューヨーク州議員、1821年にニューヨーク州選出上院議員を経て1828年にはニューヨーク州知事に就任。同年の大統領選挙でアンドリュー・ジャクソンを強力にバックアップし、その論功行賞で国務長官に就任した。ジョン・カルフーン副大統領夫人、フローリデ・カルフーン(英語版)がジョン・ヘンリー・イートン陸軍長官夫人、マーガレット・オニール・イートンを認めることを拒否したペティコート事件(英語版)においては自分とイートンがまず辞任し、その後に他の全閣僚が辞任するという案を提議して事態の収拾に貢献した。この功績をジャクソン大統領に評価され、彼の後継者に指名されることになった。1832年に副大統領に指名され、ジャクソンが2期務めて引退すると前任のジャクソンに最も能力が近いということで、民主党の大統領候補として選出された。対抗する国民共和党はイギリスの同名の政党にあやかって「ホイッグ党」と命名したが、ウィリアム・ハリソン、ダニエル・ウェブスター、ヒュー・ホワイトと有力候補を乱立させたのが失敗となり、ヴァン・ビューレンが選挙人170を得て大統領に当選した。1837年に大統領に就任したが、同年の大恐慌など、在任中におきた数回の恐慌に対していずれも無策で目立った成果を上げられなかった。また、相当な贅沢好きも災いし人気を落とした。前任のジャクソン政権下で制定された強制移住法に従い、先住民から武力で土地を奪った。先住民の一族であるチェロキー族を故郷から1000キロ以上離れたオクラハマの原野に追い立てたが、その途上で老人・子供を中心に多くの死者が出たとされている。この施策に対するヴァン・ビューレンの議会における反応は「(移住策は)幸福な結果をもたらしました。チェロキーはいささかのためらいもなく移住した」というものであった。任期の終了後、ヴァン・ビューレンは故郷のキンダーフックへ戻り、ホワイトハウスへの復帰を考えた。彼は1844年の大統領選挙において候補氏名のアドバンテージを持つと考えられた。有名な1844年4月27日の手紙では、率直にテキサス州の併合に反対の意見を示しており、それは後に彼の敗北に寄与することになったのだが、指名を実際に確信するまで公にされなかった。民主党大会でヴァン・ビューレンは投票の多数を獲得したが、規定に定められた3分の2を得票できなかった。8度の投票の後に、ダーク・ホースのジェームズ・ポークが民主党大統領候補の指名を得た。1848年の大統領選挙では、ヴァン・ビューレンは2つの小政党によって指名された。最初は民主党員の党派によって結党された「バーンバーナー」によって、次に「自由土地党」によってであった。しかしながら選挙人団投票で勝利を得ることはなかった。1860年の選挙ではエイブラハム・リンカーンに反対する選挙人融合を支持した。しかしジェームズ・ブキャナン大統領の南北分裂に対する姿勢を支持できず、最終的にはリンカーンを支援した。ヴァン・ビューレンは1861年秋に肺炎で寝たきりとなり、1862年7月24日の午前2時にキンダーフックの自宅で気管支喘息と心不全により死去した。遺体はキンダーフック墓地に埋葬された。

アメリカ合衆国で国務長官・副大統領・大統領の要職を全て経験したことのある人は、二人しかいません。一人はトーマス・ジェファーソン、もう一人がこの人マーティン・ヴァン・ビューレンです。また、現職の副大統領として臨んだ大統領選で当選を果たした大統領は、このヴァン・ビューレンの後は1988年のジョージ・H・W・ブッシュまで148年間現れませんでした。他にも彼は第一言語が英語ではなくオランダ語だった、唯一のアメリカ合衆国大統領という変わった記録も持っています。ビューレンの人生は彼が最初の主催者の一人でもあった民主党抜きでは語ることが出来ません。民主党は、合衆国における現存最古の政党であり、また草の根運動による政党としても世界最古とされている政党で、発足当初は南部を中心とした勢力を支持基盤に持ち、南部の農場主等の権益の擁護を中心とした政策を目指していました。1828年の大統領選挙で、1828年の大統領選挙で積極的に各州に強い政治組織を形成して、アンドリュー・ジャクソンを圧勝に導きました。ビューレンはニューヨーク州におけるジャクソニアン・デモクラシーの組織構造を築き上げました。ジャクソン支持者は資産階級よりもあらゆる白人男性に参政権を与えることを信奉し、エリートや貴族、合衆国銀行に反対しました。1836年の大統領選挙ではジャクソンの副大統領だったビューレンが民主党の候補として指名され、勝利しました。しかし、彼は運のない大統領で、まず1837年の恐慌に翻弄されました。ビューレンは就任が恐慌のわずか5週間前であったにも関わらず、恐慌について大きく非難され、ビューレンが政府の介入を拒否すると、彼の政敵により更に恐慌を長引かせ、被害を広げることになったとされてしまいました。さらに、イギリス領北アメリカとメイン州の国境を巡って、アメリカ合衆国とイギリス帝国の間で、アルーストック戦争が起こりました。アルーストック戦争は宣戦布告の無い(最終的には流血のない)対立だったのですが、メイン州とニューブランズウィック州で緊張関係が高く、論議が過熱しただけでなく、双方とも軍隊を起ち上げ、論争のあった境界に進軍したために戦争と呼ばれています。このような事件に見舞われたことは、彼の政策のせいだとは言い切れない部分がありますが、ビューレンは4年後の1840年の大統領選で敗退しました。ビューレンは大統領への返り咲きを試みましたが、民主党の指名を獲得できませんでした。ビューレンの最期は1862年7月24日の午前2時にキンダーフックの自宅で気管支喘息と心不全により亡くなりました。上記の最後の言葉のたった一つのよりどころが何なのかについては分かりませんでした。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

I don't care if I live or die. Go ahead and kill me.

生きるか死ぬかなんて気にしない。さあ、殺せよ。

ジェフリー・ダーマーの最期の言葉。ジェフリー・ライオネル・ダーマー(Jeffrey Lionel Dahmer、1960年5月21日-1994年11月28日)は、アメリカ合衆国の連続殺人犯。ミルウォーキーの食人鬼との異名を取る。1978年から1991年にかけて、主にオハイオ州やウィスコンシン州で17人の青少年を絞殺し、その後に屍姦、死体切断、人肉食を行った。その突出した残虐行為は、1990年代初頭の全米を震撼させた。またこの事件では、ミルウォーキー警察当局の無能と、人種的および性的マイノリティに対する偏見がダーマーの蛮行を許したとして厳しく非難されることになった。1960年5月21日、ジェフリー・ダーマーはミルウォーキーで、父ライオネルと母ジョイスのダーマー夫妻の長男として生まれた。4歳になるころ、ジェフリーはオハイオ州アクロンに引っ越す。父親のライオネルは当時、マーケット大学で電子工学を学ぶ学生で、生活は不安定だった。このため、夫妻はウィスコンシン州ウェストアリスにあるライオネルの実家に身を寄せていたが、母親のジョイスは情緒不安定気味で、妊娠中は激しいつわりに悩まされ、医師からバルビツールやモルヒネなどの投与を受け、妊娠中にもかかわらず一日あたり26錠の錠剤を服用していた。ジェフリー出産後も彼女の精神状態はひどくなる一方で、ささいなことで夫と衝突を繰り返し、次第に夫婦仲は険悪なものとなっていく。その後、分析化学で博士号を取得したライオネルは、化学企業の研究員として就職、仕事の都合で一家は各地を転々とするようになった。次男となるデイヴィッドを身ごもった時も薬物依存に陥り、ほとんど寝たきりになってしまっていた。精神状態が悪化してかんしゃくを起こす母親と、研究にかまけて家庭を顧みなかった父親との間で幼いジェフリーは、精神的な安定を欠いた少年として成長することになる。ジェフリーが6歳の時、ジョイスが次男を出産する準備に入ると、ジェフリーは1日中ぼさっと座って動かなくなるという不思議な行為を見せる。彼は幼少時からほとんど笑わなかった。8歳のころに、小学校の同級生から性的な虐待を受けている。この時、双方の両親が話し合い、今回は警察には不問ということになった。学校時代には物静かでふさぎこみがちな一匹狼として知られ、一人で森をぶらぶらして過ごすことが多かった。父から昆虫採集用の科学薬品セットをもらったジェフリーは夢中になり、猫や鼠の骨をホルマリンの瓶に採集して回った。小動物の死骸を強酸で溶かし、白い骨を取り出すのが面白く、事故で死んだ動物の死骸を集めて回ったという。犬や猫のほかに、シマリスやアライグマ、さらにはゴキブリやクモのような虫の死体も集め、それらの死体をホルマリン入りの瓶に詰めて保存していた。死んだ動物の首を木の枝に突き刺すという行為も行っている、ジェフリーは多くの連続殺人犯とは違い、生きた小動物や昆虫に対する虐待は行わなかったが彼自身のネクロフィリアの兆候はここに始まっていた。バス・タウンシップのリビア高校に入ると、知能指数の高さで注目された(IQ145を示した)が、情緒不安定と集中力の欠如から成績はまったく振るわず、授業中にヤギの声真似をして鳴いて授業妨害をしたり、知恵遅れの子供の物真似をしたり、挙げ句の果てにスーパーマーケットで試食品のアルファルファをかじり、アレルギー発作の真似をして騒動を起こすなど、趣味の悪い悪戯を繰り返す問題児として評判は芳しくなかった。両親の不仲は年々悪化した。ジェフリーが高校生になった頃には、家の中をロープで二分して住み分けるまでになっていた。ジェフリーはますます内気になり空想を膨らましていった。ピッツバーグのPPGインダストリアルの科学者として働いていた父ライオネルは、「耐えがたい虐待と、完全な義務の放棄」という理由で提訴されていた。翌年の7月24日、サミット郡裁判所のリチャード裁判官は、「これ以上、2人が夫婦であり続けることは難しい」として、母ジョイスに、ジェフリーの弟デイヴィッドの引き取りを許可し、1978年に協議離婚が成立した。父ライオネルは姿を消し、母は弟を連れて出て行った。母はジェフリーも連れて出ようとしたが、彼は無反応であったと言われる。当時18歳のジェフリーは「成人」と見なされ、裁判所も両親も、ジェフリーのことについてはまったく触れないまま姿を消した。実質的に、ジェフリーは見捨てられたのであった。1978年、ジェフリーは高校卒業を控えていたが、離婚を巡り家庭裁判所で泥仕合を続けていた両親は、それぞれに家を出て別居しており(弟は母親の元に引き取られていた)、家には彼一人だけが取り残されていた。この頃に自分が同性愛者であることに気付き、その苦悩と孤独を紛らわせるため、アルコールに逃避することも覚えていた。高校在学中に、登校前に酒を飲んだことで教師から叱責を受けたり、ロッカーからジンのボトルが発見されたことで停学処分を受けたこともあった。高校卒業を孤独のうちに迎えたジェフリーは、その数日後、町外れでロックコンサート帰りの19歳のスティーブン・ヒックスというヒッチハイカーを拾った。音楽の趣味が合い、また彼好みのタイプだったことから、酒とマリファナで自宅へ誘った。両親が離婚して以来、空き家となっていた自宅にヒックスを連れ込み、住んでいたころの思い出を語り聞かせた。ダーマーは、人と打ち解けることの喜びを初めて味わったが、彼が父親の誕生日祝のために帰宅すると言い出した。彼を帰したくないダーマーは、手近にあったダンベルでヒックスを背後から殴って、気を失ったところを絞殺。死体の衣服をはぎ取って肛門を犯し、ナイフで腹部を切り裂くと、鮮血をすくって体に浴びた。その内臓を床に広げて血だらけにし、その上を転がって遊んだ。その後死体を床下へ運び込み、バラバラに解体した。しばらくは手元においていたが、腐敗しだしたため、首以外の部分はゴミ袋に詰めて近くの森に埋めた。これが、ジェフリー・ダーマーの初めての殺人である。この殺人は衝動的なものであり、長くダーマーのトラウマとなることとなった。この事件以後、彼はますますアルコールに依存することとなる。彼は逮捕後、この事件を「もっとも思い出したくない出来事」として語っている。その後、再婚した2番目の妻、シャリを伴って帰宅したライオネルの勧めで、ダーマーはオハイオ州立大学へ進学する。経営学を専攻したものの、重度のアルコール依存症に陥っていたダーマーは授業をまともに受けられる身ではなかった。大学での彼の日常は講義に出席する代わりに、飲み代を稼ぐために血液銀行で売血し、その金で大学の寮の自室で浴びるように酒を飲むというものだった。結局、1学期終了と同時に大学から退学勧告を受けた。その後、アメリカ陸軍への入隊手続きをとったダーマーは、アラバマ州のフォート・マクレラン基地に配属となり、憲兵になるための訓練を受けるが挫折。テキサス州サンアントニオのフォート・サム・ヒューストン基地に転属を命ぜられ、そこで新たに衛生兵としての訓練を受ける。訓練が終了すると、旧西ドイツのバウムホルダーにある、駐独アメリカ軍第8歩兵師団68連隊第2大隊に配属された。入隊当初は勤務成績も良く、順調に昇進もしていたが、ドイツ勤務となり基地内の免税店で酒が安く買えるようになると再び酒浸りの日々を送るようになり、任務がこなせなくなったため、1981年に兵役満了を待たずして除隊となったが、陸軍はダーマーの将来に配慮して不名誉除隊にはせず、健康上の理由による名誉除隊とした。なお、ドイツ駐留時代、バウムホルダー基地周辺で5件の未解決殺人事件(被害者のうち一人は女性)が発生している。ダーマーはこれについて自白しておらず、犯人も不明のままだが、その手口からダーマーの犯行だとする声が根強く残っている。陸軍除隊後、ダーマーはフロリダのリゾート地で日銭仕事をしながらぶらぶらしていたが、やがてライオネルに帰郷するための交通費を無心してオハイオへ舞い戻り、祖母の元に身を寄せることになる。ここでも相変わらず酒浸りの生活は改まることはなく、学生の時と同じように血液銀行で頻繁に売血を繰り返したためブラックリストに載せられたり、バーで問題を起こしては警察の世話になったりしていたが、その一方、経済的な安定を得るためにミルウォーキーのアンブロシア・チョコレート社の工場作業員として就職し、家族を安心させるという面も見せた。就職してほどなく、ミルウォーキーのゲイバーやクラブに通うようになったが、そこでも無愛想で孤独な一匹狼、という評判が立った。ダーマーは目をつけた男に睡眠薬を混ぜた酒を飲ませるようになったが、暴行目的というよりは薬の量や薬効を調べるための実験に近かった。しかし、ある日、「クラブ・バス・ミルウォーキー」という店で飲み仲間の一人が意識を失って病院へ担ぎ込まれたため、同店から出入り禁止を言い渡され、それから間もない1986年9月8日、12歳の少年ふたりにマスターベーションを見せたとして、1年間の保護観察処分を言い渡された。1987年9月15日、保護観察期間が終わったばかりのダーマーは、ゲイバー「クラブ219」でダイナーの見習いコックである24歳の白人青年と出会い、ホテルで一夜をともにした。ところが翌朝、目が覚めると青年は口から血を流して死んでいた。のちのダーマーの供述ではこのとき泥酔しており、一切の記憶はなく、ショックに打ちのめされたとしている。自分が絞殺したことは間違いなかったため、事態を打開するため、クローゼットに死体を隠すと、大急ぎでスーツケースを購入、ホテルに戻って死体を詰めこむと、タクシーで祖母の家へ戻り、地下室で解体。いくつかのビニール袋に分けてゴミ収集場所に出した。ダーマーの手際があまりにもよかったため、物証を得られなかった警察は、この事件については告発を断念している。1988年1月16日、「クラブ219」近くのバス停でインディアンの血を引く少年に目をつけると、ビデオのモデルのアルバイトをしないかと持ちかけて、祖母の家に連れ込んだ。そこで睡眠薬入りの飲み物を飲ませて絞殺。解体したあとは酸で肉を溶かし、骨を砕いて周辺にばらまいた。3月24日、「フェニックス」というゲイバーでヒスパニック系の青年を、やはりモデルにならないかと口説いて祖母の家に連れ込み、同様の手口で殺害している。以後、飲み物に溶かした睡眠薬で眠らせて殺害し、遺体を解体するというダーマーのルーティンワークが確立した。ただ、このころになると、地下から漂ってくる異臭に、祖母はいいかげん耐えられなくなっていた。ライオネルに電話し、地下室を調べさせたところ、どす黒い血だまりのようなものをみつけてダーマーを問い詰めたが、子供のときのように、動物の死骸を酸で溶かしていたと弁解するばかりだった。しかし、そろそろ一人立ちさせる頃合だと思ったライオネルは、ダーマーに独立を促した。1988年9月25日、ミルウォーキーの北24番街808番地のアパートに引っ越したダーマーは、引っ越してから24時間も経たないうちに問題を起こしてしまった。翌日、ラオス人少年を自室に連れこみ、睡眠薬を飲ませたのだ。しかし少年はなんとか逃げ出して警察に駆けこみ、ダーマーは未成年に対する性的暴行のかどで逮捕、1週間拘置された後、保釈金を積んで仮釈放となった。ダーマーの早期仮釈放申請について、父ライオネルは、治療プログラム終了前の息子の釈放に反対する手紙を書いたにも関わらず、ダーマーは釈放されたのであった。4ヶ月後の1989年1月30日、ダーマーは少年に対する性的暴行の罪で有罪判決を受けたが、判決公判が4ヶ月後に開かれることになった。判決日を待っていた3月25日、ゲイバー通いを再開していた彼は、レストランのマネージャーを務める26歳のハンサムな黒人青年と知り合った。祖母の家に連れ込むと、睡眠薬入りの飲み物、絞殺、解体、ゴミ袋に詰めるという陰惨なルーティンワークがいつものように繰り返された。祖母の家で犯行に及んだのは、警察が自分のアパートを監視していると思い込んだからである。このときダーマーは、記念に頭蓋骨を取っておくことにした。5月23日、判事はダーマーに1年間の刑務所外労働と5年間の保護観察処分を言い渡した。この寛大な判決により、ダーマーは日中は勤務先で働き、夜や週末は刑務所で過ごすことになった。1990年3月、ダーマーは仮釈放となり、新たに北25番街924号にあるアパートに居を構える。ここはミルウォーキー有数のスラム街である。のちに、「ザ・シュライン・オヴ・ジェフリー・ダーマー(ジェフリー・ダーマーの神殿)」として犯罪史に不朽の名を残すこととなるオックスフォード・アパートメント213号室である。新居に移って間もない5月、ダーマーは犯行を再開する。犠牲になったのはイリノイ州の刑務所を出所して間もない青年だった。6月24日にはイスラム風に頭にターバンを巻いた、「シャリフ」という愛称で親しまれたゲイの青年がダーマーのルーティンワークの素材になった。7月にヒスパニック系の少年に手を出して失敗、危うく殺人が発覚しそうになったため、約2ヶ月の自粛期間を置いて9月3日に行なわれた殺人は、ダーマーの犯行に新機軸を打ちたてることとなる。ミルウォーキーの本屋の前で出会ったダンサーの黒人青年は、ダーマー好みの筋肉質なハンサムな男だった。いつもの手際でアパートへ連れ込み、睡眠薬を与えると2ヶ月間封印した破壊衝動を押さえきれなかったのか、喉を掻き切った。そして、いつものように解体しただけでは飽き足らず、食人行為におよんだのである。さらに2週間後、行き当たりばったりで拾った23歳の黒人青年も、ダンサーと同じ運命をたどった。1991年2月18日、19歳の黒人青年がダーマーのルーティンワークの材料になる。さらに2ヶ月後の4月7日、やはり19歳の黒人青年をオックスフォード・アパートメント213号室へ招待したが、このときはロボトミー手術を施そうとしている。動機は殺して写真と死体の一部を残してもさみしさだけが募るから、それよりは自分の言いなりになる理想の恋人を自分の手で作り出そうというものだった。しかし、頭蓋骨に穴をあけて塩酸を流し込むというおぞましい手術は失敗に終わり、結局いつものルーティンワークに立ち戻っている。5月24日には31歳の聾唖者がオックスフォード・アパートメント213号室に消えたが、それから数日と経たないうちに、14歳のラオス人少年を毒牙にかける。このときはいつもの手順を踏まず、彼に睡眠薬を飲ませて性的暴行を加えた後、再びロボトミー手術を試みている。その後、少年はダーマーがビールを買いに出かけたすきをねらって脱走したが、意識がもうろうとしていたため全裸のままアパートのそばでへたり込んでしまい、一時はアパート周辺は騒然となった。しかし、駆け付けた警官がダーマーの、これは恋人同士の痴話喧嘩だというそつのない説明を信用して引き上げてしまったため、少年は助からなかった。6月30日、シカゴでおこなわれたゲイ・プライド・パレード見物に訪れたダーマーは、そこで新たな犠牲者を誘った。それから5日後には再びシカゴを訪れ、23歳の黒人青年をミルウォーキーのオックスフォード・アパートメント213号室に誘った。このとき、青年の友人はダーマーの誘いを受けるべきかどうか相談されて、「行けよ。彼、まともそうな感じじゃないか」と答えたが、後にこの友人は後悔の念をにじませながら、「連続殺人者が、どんな顔か知っている奴なんかいないよ」と語っている。7月15日、ダーマーは6年間勤務したアンブロシア・チョコレート社を解雇された。理由は頻繁な欠勤と遅刻、それにともなう勤務成績の急激な悪化だった。また、家賃の滞納が続いたため、7月いっぱいで部屋の立ち退きを迫られていた。このころになると、もはや普通の人としての仮面をかぶり続けることすら不可能になりつつあった。犯行も終盤を迎えると、かなり行き当たりばったりに犠牲者を手にかけるようになり、ただでさえ手狭な部屋はこれまで手にかけてきた犠牲者のバラバラ死体であふれかえり、異臭はもはやアパート全体を覆いつくすほどだった。解雇通知を受け取ったダーマーは、その日のうちに24歳のトラック運転手に声をかけ、いつも通りの仕事をしている。7月19日、ミネソタ州から仕事を探すためにミルウォーキーを訪れていた失業中の白人青年をオックスフォード・アパートメント213号室へ招待した。17人目の犠牲者だった。1991年7月22日午後11時30分。北25番街を定時巡回していたラルフ・ミュラー巡査とロバート・ロース巡査は、「助けて!」という悲鳴を聞きつけ、すぐさまパトカーを急停車させると、前方から左手首に手錠をぶら下げた黒人の男がパトカーの方に走ってきた。男は、近所のアパートに住む頭のおかしい白人の男に殺されかけたと訴え、ふたりは半信半疑ながら、男の案内でそのアパート──オックスフォード・アパートメントへ向かった。問題の男の住む213号室のベルを鳴らすと、ブロンドのハンサムな白人青年が顔を出した。男は礼儀正しく警官に応対したが、背後から強烈な悪臭が漂いだし、さらによく見るとアルコール依存症特有の症状が出ていた。男はジェフリー・ダーマーと名乗り、失業したばかりで酒を飲んだくれていたことや、悪ふざけで手錠をかけたことを申し訳なさそうに話した。警官が手錠の鍵を部屋に取りに行こうとすると、何かを思い出したように捜査を拒絶し激しく暴れ出したため、その場で手錠をかけられた。巡査の一人がダーマーの前科照会をおこなったところ、1989年に少年に対する性的暴行のかどで有罪判決を受け、5年間の保護観察下に置かれていたことが判明した。直ちに部屋の中を捜索すると、黒人青年の手錠の鍵とともに、大量のバラバラ死体のポラロイド写真が発見された。さらに冷蔵庫から肉片や内臓などを入れたビニール袋、切断された複数の頭部が発見された。その後の家宅捜索で、容量260リットルのポリ容器からは酸で溶解された3人分の胴体をはじめ、着色された頭蓋骨が複数、キッチンの鍋からは切断された手が数本と男性器が1本発見された。床には引きはがされた皮膚や切断した指などが無造作に捨てられていた。また、被害者のものと見られる運転免許証や社会保障カードなどの身分証明書のほか、死体の解体に使われたチェーンソーや解剖器具などが押収された。検死官が最終的にまとめた報告書によれば、発見された人体は全部で11人分だった。また、捜索にあたった刑事たちの何人かは黄色い防護服に身を包み、防毒マスクをつけたまま捜索と証拠物件の押収に当たった。凄惨さを極めた部屋の家宅捜索では、数々の犯行現場に立ち会った刑事の中にすら気分を悪くする者がいたり、中でも人肉がぎっしり詰まった冷蔵庫が運び出されたときはあまりの悪臭に周囲の野次馬が後ずさりし、嘔吐するほどだったという。1992年1月27日から2月15日にかけて、ジェフリー・ダーマーの公判がセイフティ・ビルディング5階の法廷で開かれた。容疑事実は既にダーマーが認めていたため、弁護側は精神異常による無罪を申し立てた。しかし、1992年2月15日、陪審は10対2の過半数で弁護側の主張を退け、オハイオ州でおこなわれた最初の殺人事件と、告発を断念した2件目の殺人事件を除く15件の殺人事件について有罪を評決した。2月17日、ローレンス・グラム判事は15件の殺人事件に対して、累計で936年の禁固刑に相当する終身刑を宣告した。ダーマーは死刑を望んでいたが、ウィスコンシン州では1853年に死刑制度が廃止されていたため、その望みはかなわなかった。のちに、死刑存置州であるオハイオ州で行われた裁判でも終身刑が宣告されている。1994年11月28日、ウィスコンシン州ポーテージにあるコロンビア連邦刑務所のシャワールームで、黒人収容者クリストファー・J・スカーヴァーに撲殺された。ダーマー、スカーヴァーともう1人の囚人でシャワールームを清掃する職務に従事していたとき、スカーヴァーはトレーニングルームより持ち出したベンチプレスの鉄棒で2人を殴打した。まもなくスカーヴァーは看守に逮捕され、ただちにダーマーは救急車で病院へ搬送されたが、搬送中に死亡が確認された。スカーヴァーは、自分は「神の息子」で、「父」から2人を殺すよう命令され、信用できる相手とできない相手とを教えてくれたと供述しているが、スカーヴァーもまた有罪となった。しかし、人種の隔たりがこのような事態を引き起こしたとも考えられている。父のライオネルは、息子の事例研究には協力的であった。しかしジェフリーの死後、科学捜査のために彼の遺骸を解剖することに対して同意拒否をした。宗教的な理由によるものであった。

Milwaukee Cannibal(ミルウォーキーの食人鬼)ことジェフリー・ダーマーは、人類史上最悪の大量殺人犯の一人です。彼の犯行は17人の青少年を絞殺し、その後に屍姦、死体切断、人肉食を行ったという、極めて凶悪なものでした。大抵の凶悪殺人犯の例にもれず、ダーマーも不幸な少年時代を送りました。その後、彼は凄惨を極めた犯行を行うのですが、最後は逮捕され事件の全貌が明らかにされました。『FBI心理分析官 ~異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記~』の著者で、元FBI捜査官であり司法行動学研究所(FBS)所長であるロバート・K・レスラーは、ダーマーと対談しプロファイリングしました。レスラーはダーマーを秩序型にも無秩序型にも当てはまらない、「混合型」の殺人者であると見なし、「精神異常」を理由として、裁判では情状酌量の余地があり、刑務所ではなく精神病院に収容すべきだと考えました。裁判では弁護側は精神異常による無罪を申し立てましたが、累計で936年の禁固刑に相当する終身刑が宣告されました。ダーマーは死刑を望んでいましたが、ウィスコンシン州では1853年に死刑制度が廃止されていたため、その望みは叶いませんでした。さて、この凶悪殺人犯の最期は、1994年11月28日、ウィスコンシン州ポーテージにあるコロンビア連邦刑務所のシャワールームで、黒人収容者クリストファー・J・スカーヴァーに撲殺されるというものでした。ダーマー、スカーヴァーともう1人の囚人でシャワールームを清掃する職務に従事していたとき、スカーヴァーはトレーニングルームより持ち出したベンチプレスの鉄棒で2人を殴打し、ダーマーは病院に搬送中に死亡しました。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

No paparazzi, I want anonymity.

報道しないで、匿名にしてくれ。

リヴァー・フェニックスの最期の言葉。リヴァー・ジュード・フェニックス(River Jude Phoenix、本名:同じ、旧姓:River Jude Bottom/リヴァー・ジュード・ボトム、1970年8月23日 - 1993年10月31日)はアメリカ合衆国出身の映画俳優。カトリック教徒で大工の父とハンガリー系=ロシア系正統派ユダヤ教徒の母との間に、5人の子のうちの長男として、アメリカ合衆国オレゴン州マドラスの地にリヴァー・ジュード・ボトム(River Jude Bottom)という名で誕生した。ヘルマン・ヘッセの『シッダールタ』で出て来る「川」がリヴァーという名の由来とされる。両親が宗教団体「神の子供たち」(現在のファミリー・インターナショナル)の活動家だったことで、幼少の頃は南アメリカの各地を転々とする生活で、5歳のときにはベネズエラのカラカスで妹とともに舞台に立って歌うなどということもあった。1991年11月の雑誌Detailsのインタビューで、「神の子供たち」に居た頃、リヴァーは4歳の時に童貞喪失をしたと述べた。雑誌で「でも、それをさせないようにした。10歳から14歳までは、そのようなことは一切していない(禁欲的だった)」と言う言葉を引用した。リヴァーの事務所代表は、リヴァーに対し「冗談だった」と発言を撤回するよう圧力を掛けたと報じられている。1994年、雑誌『エスクァイア』は「あいつらは気持ち悪い…あいつらは人の人生を駄目にしている」と、怒りながらカルト(現在のファミリー・インターナショナル)のことを話すリヴァーの言葉を引用した。1977年に帰国し、カリフォルニア州のロサンゼルスに移る。灰から甦るフェニックスのように、自分たちの新しい人生への再生の意味を込め、家族で本姓自体をフェニックス(Phoenix)に改めた。貧しい家庭に育ち、妹と共に、路上でパフォーマンスをして生活費をいでいた。『スタンド・バイ・ミー』で有名になってから、フェニックス家は車を買うことができたという。母がNBCの職に就いたことで10歳にして初めてテレビに出演。CMやテレビシリーズの仕事を経て、1985年、『エクスプロラーズ』で映画俳優としてのデビューを飾った。翌1986年には青春映画・『スタンド・バイ・ミー』への出演で注目を集める。1988年出演の『旅立ちの時』でアカデミー助演男優賞にノミネートされるなど、数多の映画への出演をもってスターダムへの階段を駆け上がっていった。1991年配給の『マイ・プライベート・アイダホ』ではヴェネツィア国際映画祭の男優賞を受賞。代表作とされるこの作品での演技は俳優仲間にも評判が良かったという。1993年、当時ジョニー・デップが共同所有者のひとりであったウェスト・ハリウッドのナイトクラブ、ザ・ヴァイパー・ルームの入口付近で、ヘロインとコカインの過剰摂取を原因とする心不全で死亡。その最期は親友であるレッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシスト、フリーに看取られた。23歳だった。出演予定だった『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』のインタビュアー役は代わってクリスチャン・スレーターが演じる事となった。予定ではダーク・ブラッド(未完成)を完成させて、すぐに11月30日からインタビュアーが登場するシーンの撮影を始める事になっていた矢先のことであった。またワン・ホット・ミニットのTranscendingという曲はリヴァーの為にリヴァーの親友であるアンソニー・キーディスとフリーが作ったもの。遺体はフロリダ州で火葬され、遺灰は故郷のフロリダで空中散布された。そのため墓所がなく、その代わりとしてか、薬物中毒で倒れたザ・ヴァイパー・ルームの店先に今も世界各地からファンが巡礼に訪れる。

リヴァー・フェニックスは映画『スタンド・バイ・ミー』クリストファー・チェンバーズ役を演じた俳優です。この映画を見た人なら、この正義感のある少年を演じた人が、その7年後に23歳の若さで麻薬中毒により亡くなるとは、とても信じられないでしょう。『スタンド・バイ・ミー』は原作がスティーヴン・キング作の短編小説で、原題は『恐怖の四季』の中に収められた秋の物語THE BODY(「死体」)です。この映画は、それぞれ心に傷を持った4人の少年たちが好奇心から、線路づたいに“死体探し”の旅に出るという、ひと夏の冒険を描いています。クリストファーは主人公の親友でした。この映画のヒットから、彼はスターダムへの階段を登り始め、亡くなる前には『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』のインタビュアー役での出演が決まっていました。生前、アメリカの『プレミア』誌でインタビュアーの役について「吸血鬼にあまり興味がわかないんだ。救いなのはインタビューする方で客観的に見ていられる事だね。」と語っていたそうです。さて、好青年の印象が強いリヴァーですが、その育った環境は複雑でした。両親が宗教団体「神の子供たち」(現在のファミリー・インターナショナル)の活動家だったのですが、この団体は初期の改宗者の多くがヒッピー運動から流れてきており、1970年代、80年代において、アメリカとヨーロッパにおけるカルト論争を引き起こした団体のひとつでした。救済、黙示信仰、そして会員が"システム"と呼ぶ外の世界に対する精神的な「革命」のメッセージと共に、1974年にセックスを使って、神の愛を表現し、改宗者を獲得するという"浮気釣り"と呼ばれる福音伝道の方法を始めるなど、極めて物議を醸す宗教団体でした。大人、子供に限らずセックスを奨励していたため、教団に所属していた幼児同士もセックスをしたらしく、リヴァー自身もこれに参加したことを認めており、この出来事がその後の性に対する混乱を招いたと語っています。また、彼はヴィーガン/ヴィーガニズム(完全菜食主義者)でもあり、これは性的虐待行為に嫌気が指したあとに目指したものでした。『スタンド・バイ・ミー』の宣伝のために来日した際に、入ったそば屋のそばつゆに鰹節が使われていることを知り、思わず箸を置いたという出来事を『笑っていいとも』で語ったこともあります。上記の言葉では匿名を希望していますが、反麻薬活動をおこなっていたリヴァー彼自身が、急性麻薬中毒で倒れたという出来事は大々的に報道されてしまいました。検事が詳細な解剖結果を公表したことや、周囲の目撃証言、彼の体調の変化から、リヴァーが死に至る以前から麻薬を使用していたという事実はほぼ確定的です。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

(バスルームに入る時に、ガールフレンドのジンジャー・アルデンに"Don't fall asleep in there."(そこで寝入ってはいけないよ。と言われ)

Okay, I won't.

OK、そうはしないよ。

エルヴィス・プレスリーの最期の言葉。エルヴィス・アーロン・プレスリー (Elvis Aron Presley, 1935年1月8日 - 1977年8月16日)は、アメリカのミュージシャン、映画俳優。1950年代にチャック・ベリーやファッツ・ドミノ、リトル・リチャード、バディ・ホリーらと共にロック・アンド・ロール(ロックンロール)の誕生と普及に大きく貢献した、いわゆる創始者の一人であり、後進のアーティストに多大な影響を与えた。その功績からキング・オブ・ロックンロールまたはキングと称され、ギネス・ワールド・レコーズでは「史上最も成功したソロ・アーティスト」として認定されている。1950年代に、アメリカやイギリスをはじめとする多くの若者をロックンロールによって熱狂させ、それは20世紀の音楽の中でも最大級のムーブメントを引き起こした。また、極貧の幼少時代から一気にスーパースターにまで上り詰めたことから、アメリカンドリームの象徴であるとされる。後に同じく世界を席巻したザ・ビートルズのメンバーが憧れ続けたことでも知られる。保守的な大人たちは「ロックは若者を悪くする(非行にさせる)」と考えプレスリーの音楽を禁止し弾圧運動を展開していったが、それを跳ね返すかのように若者たちの間でさらにブームは拡大していった。これによって多くの人々が初めてロックンロールに触れ、ロックンロールは一気にメジャーなものとなった。また、いままで音楽を聞かなかった若年層(特に若い女性)が、音楽を積極的に聞くようになった。さらに、音楽だけでなくファッションや髪型などの流行も若者たちの間に芽生え、若者文化が台頭した。後にビートルズがアメリカに上陸するまで、プレスリーはアメリカの音楽業界の第一線に君臨した。初期のプレスリーのスタイルは黒人の音楽であるリズムアンドブルースと白人の音楽であるカントリー・アンド・ウェスタンを掛け合わせたような音楽といわれている。それは深刻な人種問題を抱えていた当時のアメリカではありえないことであり、画期的なことであった。1977年8月16日、自宅であるグレースランドにて42歳で突然死した。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第3位。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第3位。「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第1位。1935年ミシシッピ州テューペロに生まれる。後にテネシー州メンフィスへ渡った。ミドルネームは公文書、サイン共にAronだが、墓石にはAaronと表記されている。身長は183cm。髪は茶褐色であるが黒く染めていた。飲酒はしない。趣味はバッジ収集。愛車は59年型キャデラック。好きな食べ物はピーナッツバター・サンド。熱心なキリスト教プロテスタントの信者であり、9歳の時に洗礼を受けた。空手8段とされている。1967年5月1日にプリシラ・プレスリーと結婚し、1968年2月1日に長女で一人娘のリサ・マリー・プレスリーが誕生した。プレスリーは最初「The Hillbilly Cat(田舎者の猫)」という名前で歌手活動を始め、その後すぐに歌いながらヒップを揺らすその歌唱スタイルから、(彼に批判的な人々から)「Elvis the Pelvis(骨盤のエルヴィス)」と呼ばれた。アメリカのバラエティー番組『エド・サリヴァン・ショー』の3度目の出演の際には、保守的な視聴者の抗議を配慮した番組関係者が意図的にプレスリーの上半身だけを放送したというエピソードが伝えられている。その際にサリヴァンが「このエルヴィス・プレスリーはすばらしい青年です」と紹介したことからサリヴァンにも罵声が飛んだ。しかしこのおかげでプレスリーへの批判は少なくなった。また、フロリダの演奏では下半身を動かすなとPTAやYMCAに言われ、小指を動かして歌った。この時には警官がショーを撮影し、下半身を動かすと逮捕されることになっていた。ステージでの華やかさに反して緊張しやすい性格で、レコード会社の門を叩けずに、入り口付近でウロウロ、ソワソワしていたこともあったようだ。「初舞台の時には死ぬほど緊張した。観客の声が怖かったんだ。」との言葉も残っている。KWKラジオではプレスリーのレコード(「ハウンドドッグ」)を叩き割り、「ロックンロールとは絶縁だ」と放送。ロックンロールが青少年の非行の原因だと中傷され、PTAはテレビ放送の禁止を要求など、様々な中傷の標的になった。プレスリーは友達だと思った人間には尽くすタイプだった。反対に「エルヴィスのお金や贈り物を求めて近付いてくる人間には、その姿勢に気付き距離を置いていたようである」とバンド・メンバーは回想している。プレスリーの記録は多数あり、例えば、最も成功したソロアーティスト、最多ヒットシングル記録(151回)、1日で最もレコードを売り上げたアーティスト(死の翌日)、等がギネスによって認定されている。プレスリーは1935年1月8日、ミシシッピ州テュペロの小さな家で生まれた。父ヴァ―ノン・エルヴィス・プレスリー、母グラディス・ラブ・プレスリーの3人家族であった(プレスリーには双子の兄弟ジェシー・ガーロン・プレスリーがいたが、誕生時に死亡している)。父ヴァーノンが不渡小切手で服役するなど非常に貧しい幼少時代であったが、両親はエルヴィスを大事に育てた。11歳の誕生日にはライフルを欲しがったが、当然母親に却下され、代わりに与えられたのがギターであった。これを機に自宅の地下洗濯部屋で練習し音楽に傾倒していった。1949年にロウダーデール・コート公営住宅に転居し、プレスリーが13歳の時にテネシー州メンフィスへと引っ越した。メンフィスは非常に貧しい黒人の労働者階級が多かったため、そのような環境の中で黒人の音楽を聴いて育った。エリス公会堂のゴスペルのショーも欠かさずに観に行っていた。ある日、毎回欠かさず観に来ていたエルヴィスだったが、入場料を払えないとの理由で1度欠席した。これに気を留めたのがJ.D.サムナーで「では次回からは楽屋口から入るといいよ」と告げ、エルヴィスは無料でショーを観ることができた(70年代のコンサートではJ.D.サムナー&ザ・スタンプス・カルテットをコーラス隊として迎えている)。このことが後のプレスリーの音楽性に大きな影響を与えたとされる。プレスリーは高校卒業後、精密金型会社で働いた後にクラウン・エレクトリック社に転職しトラック運転手として働いていた。1950年代のアメリカでは音楽も人種隔離的な扱いを受けている部分が多く残っており、当時のロックンロールのヒットソングも黒人の曲を白人がカバーし、そのカバー版が白人向けの商品として宣伝され、チャートに掲載され、またラジオなどで流れる傾向にあった。たとえ同じ歌を同じ編曲で歌ったとしても、黒人が歌えばリズム・アンド・ブルースに、白人が歌えばカントリー・アンド・ウェスタンに分類されることが常識だった。プレスリーは、このような状況にあって黒人のように歌うことができる白人歌手として発掘された。1970年代、プレスリーがツアーをはじめた時、ツアー先の白人プロモーターから「黒人娘(「ザ・スウィート・インスピレーションズ」のことを言った。実際にはもっとひどい差別的な言い方をされた)は連れてこないでくれ」と連絡を受けたことが度々あった。プレスリーは「彼女たちを来させないなら僕も行かない」と言い張り、向こうが謝罪し、多額のお金を積んだが、絶対に行かなかった。1953年の夏にプレスリーはメンフィスのサン・スタジオで最初の両面デモ・アセテート盤を録音するため4ドルを支払った。収録曲は当時のポピュラーなバラード “My Happiness” と “That’s When Your Heartaches Begin” であった。サン・レコードの創業者サム・フィリップスとアシスタントのマリオン・ケイスカーはその録音を聞きエルヴィスの才能を感じ、1954年6月に行方不明の歌手の代理としてプレスリーを呼んだ。セッションは実り多いものであったかは分からなかったが、サムは地元のミュージシャン、スコッティ・ムーア、ビル・ブラックと共にプレスリーを売り出すこととした。1954年7月5日のリハーサル休憩中にプレスリーは “That’s All Right, Mama” をいじくり始め、サムはプレスリーが適所を得たかもしれないと考えて録音ボタンを押した。即興での演奏でドラムスが不在であったため、ベースをかき鳴らしての演奏となった。B面に “Blue Moon of Kentucky” が収録されたシングルは、WHBQラジオが放送した二日後に、メンフィスでのローカル・ヒットとなった。また、公演旅行はプレスリーの評判をテネシー中に広げることとなった。ラジオを聴いた人たちは黒人歌手だと勘違いしていた。サンとの契約下でプレスリーは5枚のシングルをリリースした。1955年8月18日にプレスリーの両親はプロデューサーのトム・パーカー(通称・パーカー大佐)との契約書に署名し、サン・スタジオとの関係は終了した。プレスリーは1955年11月21日にRCAレコードと契約した。1956年1月28日に「CBS-TVトミー・ドーシー・ステージ・ショウ」にてTVに初出演し、黒人のR&Bを歌う。そこでプレスリーは白人らしからぬパフォーマンスを披露したが、これに対してPTAや宗教団体から激しい非難を浴びせられた。しかし、その激しい非難にもかかわらず、それを見た若者たちは、プレスリーのファンになっていった。1956年1月27日に第6弾シングル “Heartbreak Hotel / I Was the One” がリリースされた。これは1956年4月にチャートの1位に達した。Heartbreak Hotel はその後数多く登場したミュージシャンに多大な影響を与えた。レコーディング場所について1950年代はニューヨークにあるRCAスタジオを利用したことがあったが、プレスリーのキャリアにおいて、主演映画の挿入歌以外のレコーディング場所で最も利用されたのはテネシー州ナッシュヴィルにあるRCAスタジオBである。しかし、1972年以降はハリウッドにあるRCAスタジオや地元メンフィスのスタジオを利用した。更に1976年になると、RCAスタッフがプレスリーの自宅(グレイスランド、ジャングルルーム)に録音機材を持ち込み、レコーディングを行った。後年レコーディング自体に関心を示さなくなったのは、RCAのミキシングやアレンジがプレスリーの意向にそぐわなかったことや良質な楽曲がなくなったこと、コーラスがプレスリーの要求にこたえられなかったこと、体調面など様々な理由があった。プレスリーは一発撮りと呼ばれる1テイク完成型のスタジオ・ライブ形式のレコーディング・スタイルにこだわった(いくつかのテイクをつなぎ合わせて一つの曲として発表する形式やパートごとの別録りといった選択肢もあったが、プレスリーはそれを嫌い、現在まで発表された曲数が700以上ある中で、そのような形式で発表した曲は少ない)。そのため、プレスリーの死去後現在まで様々な未発表テイクが発掘されており、その中には発表されたテイクと違った趣向のものもある。後年、レコーディングに関心がなくなった頃は、体調不良を訴え、「歌のレコーディングは後で必ずするからミュージックだけ録音しておいてくれ」と言うこともあったが、ほとんどの場合、それは実現しなかった。1956年12月4日、プレスリーはカール・パーキンス、ジェリー・リー・ルイスがレコーディングしているサン・レコードに立ち寄り、彼らとジャム・セッションを行なった。フィリップスにはもうプレスリーの演奏をリリースする権利はなかったが、このセッションを録音した。ジョニー・キャッシュも共に演奏していたと長い間考えられていたが、フィリップスが撮らせた写真でしか確認することができない。このセッションは伝説的な『ミリオン・ダラー・カルテット』と呼ばれるようになった。年末の『ウォール・ストリート・ジャーナル』一面で、プレスリー関連商品が2千2百万ドルを売り上げ、レコード売り上げがトップであることを報じられた。また『ビルボード』誌で100位以内にランクインした曲数が史上最高となった。音楽業界最大手の1つであるRCAでの最初の1年間、RCAのレコード売り上げの半数がプレスリーのレコードであった。1967年5月1日には、ラスベガスのアラジン・ホテルでプリシラ・アン・ボーリューと結婚。プリシラはプレスリーのドイツでの所属部隊長の継子であった。プレスリーは未成年であったプリシラを自分の父親とその妻の家に同居させ、有名なカトリックの女子高に通わせて、きちんと卒業させるということをプリシラの母親と継父に約束してプリシラをメンフィスで暮らせるようにした。しかし、程なく二人はグレイスランドで一緒に暮らすようになっていく。8年後に結婚し、1968年2月1日には娘リサ・マリー・プレスリーが生まれる。その4年後、結婚前から続いているプレスリーの生活習慣(昼と夜が逆転した生活、メンフィス・マフィア(エルヴィスの取り巻き)といつも一緒の生活、さらに年間何ヶ月にも及ぶコンサートツアーによる別居生活などのさまざまな理由から、プリシラは空手教師のもとに走り、二人の結婚生活は破綻してしまう。グレイスランドを出たプリシラはリサ・マリーを引き取り、ロサンゼルスに住居を移す。1973年10月9日に正式離婚。離婚後もプレスリーとプリシラは友人関係にあり、以前よりも密に連絡を取り合うようになったという。プレスリーがツアーでロサンゼルスにいるときは、プリシラの家を訪れたり、なにか事あるごとにプリシラをグレイスランドに呼び寄せたりして精神的にプリシラを頼りにしていた。二人は、リサ・マリーがまだ幼かったこともあって、二人が離婚したことでリサが不幸にならないようにと願っていた。リサとプレスリーは頻繁に会っていたようだ。プレスリーが死んだその日もリサはグレイスランドにいた。1969年から過密スケジュールでキャリアを再開した。しかし、それはプレスリーを完全なワーカホリック状態へと追い込むものであった。1969年以降行ったライヴは1000回以上であり、平均すると1年におよそ125回のペースだった。1969年よりネバダ州のラスベガスを中心にショーを行うようになっていた。プレスリーのコンサートは時代を経て、大規模なものになっていった。1950年代はエルヴィスのヴォーカルにギター、ベース、ドラムスの一つのグループのような編成でロックンロール色を前面に出す構成だったが、瞬間最高視聴率約72%を記録した1968年のNBC-TVスペシャル以後、翌年にラスベガスのステージで歌手復帰してからは、ロックンロール以外にもレパートリーの幅を拡げ、ゴスペルやスタンダート・ナンバー等を取り入れた娯楽性を前面に出す構成に移行していった。バック・ミュージシャンもコーラス・グループやピアノ等が新たに加わり、オーケストラまで揃えた多人数の団体に膨れ上がった。1973年1月14日、ハワイ州ホノルルで行われたコンサート。全世界40ヶ国、15億人以上に視聴され、コンサートで初めて衛星生中継された。アメリカでは4月4日に放送され、既にこのコンサートのライヴアルバムが発売されていたにもかかわらず、この放送を視聴した世帯数は、人類初の月面着陸の映像を視聴した世帯数より多かった。1977年8月16日にテネシー州メンフィスの自宅、グレイスランドで没した。ガールフレンドのジンジャー・アルデンによって寝室のバスルームの床に倒れているところを発見され、バプテスト記念病院へ搬送されたが、医師は午後3:30にプレスリーの死亡を確認した。42歳没であった。検視後、死因は処方薬の極端な誤用による不整脈と公式に発表された。晩年、プレスリーはストレスからくる過食症に陥ったことが原因で体重が激増したことに加え、1975年くらいからは主治医だったジョージ・ニコポウラスから処方された睡眠薬などを「誤った使い方」で服用していた。「処方ドラッグをやっていた」とグレン・D・ハーディンなどのメンバー、さらにデル・ソニー・ウェストなどのメンフィス・マフィアのメンバーたちも語っている。グレンは詳しいことは死ぬまで語るつもりはないといっているが、ソニー・ウェストは暴露本を書いて中傷した。違法なドラッグは一切使用していないが、この処方ドラッグの影響で癇癪持ちになり、体調も維持できなくなってしまった。当初はメンフィスのフォレスト・ヒル墓地で母親の隣に埋葬されたが、遺体の盗掘未遂事件後に、母親と共にグレイスランドに再埋葬された。グレイスランドには、プレスリーの様々な遺品やピンクや緑に塗られたキャディラック、愛娘の名前をつけた自家用機、コンベア880型「リサ・マリー号」などが展示されており、現在も世界中からファンや観光客が訪れている。スコティ・ムーアは「エルヴィスの葬儀は見世物ショーになるだろう」と感じ、式に出席しなかった。

エルヴィス・プレスリーは、現代の音楽や文化に最も大きな影響を与えた人物の一人です。まだ黒人差別が激しかった頃のアメリカでは、若者たちには黒人の歌を歌う白人の歌手が必要でした。プレスリーは黒人音楽と白人音楽を掛け合わせた、まだ生まれたばかりのロックンロールを世界中に広め、20世紀の音楽の中でも最大級のムーブメントを引き起こしました。音楽だけでなくファッションや髪型などの流行にも影響を与えましたが、例えば当時のアメリカで男性が腰を使ったダンスを踊るなど、考えもつかないことでした。批判的な人々から「Elvis the Pelvis(骨盤のエルヴィス)」と呼ばれた、彼のパフォーマンスは、テレビで意図的にプレスリーの上半身だけを放送したというエピソードが伝えられているほどです。PTAや宗教団体から激しい非難を浴びせられましたが、そのことは逆に若者たちを惹きつけ、彼をスターダムへと押し上げていきました。彼が後進に与えた影響は無限にありますが、もっとも有名なのはビートルズでしょう。両者が1965年8月27日、ロサンゼルス市のプレスリーの邸宅で一度きりの会見を果たしたことがロック史に残る出来事として語られています。ザ・ビートルズのメンバーは彼に憧れていたのですが、この会見の場で即興演奏が行われ、プレスリーはベースを演奏し、レノンとジョージはギター、マッカートニーはピアノを演奏しました。(リンゴはドラムキットが無かったため演奏できなかった。)プレスリーは彼らの曲も歌い、そのあとで「君たちのレコードは全部持っているよ」と言ったのですが、これに対してレノンは「僕はあなたのレコードは1枚も持っていない」と発言したことからその場が凍りついてしまいました。これはレノンの若気の至りとも、過激なジョークだったとも言われていますが、プレスリーはその発言に気分を害してしまい、その後ジョンをは生涯嫌いました。この会見を録音したテープがあれば、何十億の値段がつくか想像できませんが、残念ながらこの会見は録音されていませんでした。その他にも影響を受けたアーティストとして、クリフ・リチャード、ボブ・ディラン、ルー・リード、ロバート・プラント、ブルース・スプリングスティーン、ジョン・ボン・ジョヴィ、らがミュージシャンを志したきっかけは、プレスリーでした。またプレスリーが影響を受けた人としては、彼はジェームズ・ディーンの大ファンで、目標としていた。ディーンの代表作「理由なき反抗」の台詞を全て覚え、周りを驚かしたこともありました。F1チームのB・A・Rの元オーナーのクレイグ・ポロックがかなり古いハーレー・ダビッドソンを約60万円で購入したところ、すぐ故障したので修理に出しシートを開けたらシートの裏に“親愛なるジェームズ・ディーンへ、エルビス・プレスリー”と書かれており、プレスリーからジェームズ・ディーンへプレゼントされたものとわかった為オークションに出展したところ、およそ1億2千万円の値がついたということもありました。日本人のファンで有名なのは、小泉純一郎元首相でしょうか。彼はジョージ・W・ブッシュ大統領と共にグレイスランド(エルヴィス・プレスリーの邸宅だった建物を含む、その敷地)を訪ねています。プレスリーは全米No.1シングル18曲(歴代2位)を含む、ビルボードtop100へのエントリー回数151回という最多記録を持っていますが、その内の特に有名なものをいくつか紹介しておきましょう。

Elvis Presley - Heartbreak Hotel
https://www.youtube.com/watch?v=e8jAqvmnsIk
Elvis Presley - Jailhouse Rock (監獄ロック / エルヴィス・プレスリー)
https://www.youtube.com/watch?v=k1A9L5aWnoc
Love Me Tender Elvis Presley original 1956
https://www.youtube.com/watch?v=Txh5l7cQXa0

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。